張本勲の“喝”が怪我の功名に 女子ボクシング入江のCMギャラが破格な訳

「水面下ではすでに金メダリストたちへのCMオファーを巡って争奪戦が繰り広げられています」(広告代理店関係者・A氏)

コロナ禍による1年延期、無観客と異例ずくめの開催となった東京オリンピック。かつてない逆風が吹くなか、日本は史上最多となる27個の金メダルを獲得した。

メダリストたちが手にするのは栄誉だけではない。冒頭のように“企業の顔”として起用すべく、広告業界が熱視線を送っているというのだ。

そこで本誌は複数の広告代理店関係者への取材をもとに、金メダリストたちの最新ギャラランキングを独占入手。

東京五輪で特に異彩を放っていたのが、今大会から正式競技となったスケートボードの選手たち。女子ストリートで初代王者かつ日本人史上最年少の金メダリストとなった西矢椛(14)は2千万円と10代ながらかなりの高額設定。

「TikTokで明治のスナック菓子『カール』への愛を語るなど西矢選手は大のお菓子好き。SNSの使い方がうまいことからも、お菓子メーカーがインフルエンサーとしての期待も込めてオファーを考えているそうです」(A氏)

アメリカに拠点を置く男子ストリートの堀米雄斗(22)も同じ2千万円。“ボーダーレス”な企業たちが熱視線を送っているという。

「Instagramのフォロワー数は140万人を超え、メダル獲得時に着ていたウエアは即完売するなど影響力は随一。グローバルに活躍していることからも航空会社や英会話教室だけでなくファッション業界も注目しているといいます」(B氏)

■大橋悠依には美容業界が熱視線

新世代の台頭が見られたのも今大会の大きな特徴。体操男子種目別鉄棒、個人総合の2つで王者となった橋本大輝(20)には“栄光の未来”が待っている。

「まだ大学に所属しているので、CMに起用されるのはもう少し先ですが、抜群の肉体美にプロテインなど健康食品を扱う企業が将来的にオファーを出すことでしょう。年齢とスター性から業界では“第二の内村航平”として期待されています」(B氏)

競泳女子の200mと400m個人メドレーの2種目で金メダルを獲得したニューヒロイン・大橋悠依(25)は美容業界でも“女王”になりそうだ。

「174cmの長身かつモデル顔負けの美貌を持つ大橋選手。飾らないキャラクターで同性からの人気も高く、アパレルブランドや化粧品会社からのオファーが殺到しているそうです」(B氏)

ボクシング女子フェザー級の入江聖奈(20)は破格の4千万円。大御所から受けた“喝”が功を奏したようだ。

「張本勲さんが報道番組で入江選手に対して女性差別ととれる発言をしましたが、彼女はインタビューで『ボクシングにスポットを当ててくれたのでアッパレです』と返し、好感度がうなぎ上りに。それに伴ってギャラも急上昇しています」(C氏)

ジャンルで探す