コカ・コーラが6年ぶり4度目V 食品会社で他チームより練習再開遅れも今季2冠 ホッケー日本リーグ

<ホッケー女子日本リーグファイナルステージ>優勝したコカ・コーラレッドスパークス

 ホッケーの日本リーグ女子プレーオフ最終日は22日、大井ホッケー競技場で行われ、決勝はコカ・コーラがソニーを2―1で破り、6年ぶり4度目の優勝。今月8日に行われた全日本社会人選手権に続き、2冠を達成した。

 開始直後に先制点を許したコカ・コーラだが、第3Q9分に藤林千子(24)、第4Q5分に浅井悠由(24)がペナルティコーナー(PC)からゴールを決めた。逆転で主導権を握ると、終盤はソニーの猛攻をしのぎ勝利。試合終了のホイッスルが鳴ると、メンバー同士で抱きしめ合い、勝利の余韻に浸った。

 6年前の優勝を経験した金藤祥子主将(28)は「6年前は先輩たちに勝たせてもらえた。日本リーグはなかなか勝てず悔しかったけど、今回やっと勝つことができた」と胸をなで下ろした。

 食品を扱う会社ということもあり、新型コロナ下での練習は並大抵のものではなかった。「絶対に感染してはいけない、ということで他のチームよりハードルは高かったと思います」と振り返る。対外試合はもちろん、チーム内での対人練習も慎重。全体的に他のチームより、約1カ月遅れて練習が再開された。「練習できなくて不安や焦りはあった。それでも2冠できたし、次も負けられない」と、12月の全日本選手権(4~6日開催、岡山県赤磐市)での3冠を誓った。

ジャンルで探す