坂本花織、214・39点で全兵庫選手権V 三原舞依は191・00点で2位

 フィギュアスケートの全兵庫選手権の最終日が18日、尼崎スポーツの森で行われ、3人が参加したシニア女子のフリーではショートプログラム(SP)首位の18年全日本女王・坂本花織(シスメックス)が全体トップの138・29点をマーク。合計214・39点で優勝した。

 今月の近畿選手権で体調不良から復帰を果たした17年四大陸選手権優勝の三原舞依(シスメックス)はフリー127・40点、合計191・00点とも2位。宇佐美彩(武庫川女子大)はフリー67・57点、合計110・79点とも3位だった。

ジャンルで探す