男子下部ツアー挑戦の三浦桃香、141位で予選落ち「悔いのないゴルフができました」

三浦桃香

 男子ゴルフ下部ツアーのAbemaTVツアー開幕戦「PGMチャレンジ2」は17日、千葉県のPGM総成GC(6738ヤード、パー70)で第2ラウンドを行い、102位から出た女子の三浦桃香(21=アウトソーシング)は1バーディー、7ボギーの76と崩れ、通算7オーバーの141位で、4オーバーの幡野夏生(23=フリー)とともに予選落ちした。63で回った大谷俊介(36=iTEM)ら3選手が通算10アンダーで首位に並んだ。

 三浦は前半こそ1オーバーで耐えたが、後半は3連続ボギーなどで失速。女子初の予選通過はならなかった。カットラインには遠く及ばなかったが、「全ホール、1Wでしっかり振った。悔いのないゴルフができました」と振り返った。主催者推薦による出場オファーの一方で、「他の選手に迷惑がかからないか…」と懸念も抱いたという。それでも同伴競技者に恵まれたと言い、「本当に楽しかった。また挑戦してみたい」と爽やかな表情を浮かべていた。

ジャンルで探す