【大宮】神田紘、一発狙う「チャンスはある…と思う」

 神田紘が6カ月ぶりの白星を挙げた。準決7Rで、最終ホームから先行した藤井を車間を空けて援護から、直線で鋭く追い込んだ。「藤井君を残せたと思ったが…。直線が思っているより10メートルくらい長かった。1着獲るまで長かった。弾みになる」と3月の久留米以来となる1着も、レース後は反省交じりだった。決勝は強力な関東勢に「自分でやる」と今藤の前で一発を狙う。「練習はいい。腰をケアできたし、チャンスはある…と思う。流れの中で番手も考えて」と久々の白星をカンフル剤に優勝をかっさらうか。

ジャンルで探す