井上尚弥 初の当日計量も余裕「ストレスはなかった。朝の散歩がわり」

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝の当日計量が18日、英国グラスゴー市内のホテルで行われ、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)は57.5キロ、IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)は着衣のままで57.8キロと、ともにパスした。IBFルールでは前日計量からは当日計量までの増加は増量を10ポンド(約4.54キロ)までとしている。

当日計量を終え、笑顔で引き上げる井上尚弥

井上にとって当日計量は初体験。「もっと負担になると思っていたけど、ストレスはなかった。朝の散歩がわり」と余裕の表情。「コンディションはヤバいです。いつも以上のパワーが発揮できそう」と自信をにじませた。

IBFはスーパー王者が存在する場合に正規王者との統一戦を認めていないため、無敗の王者対決ながら、今回は井上がロドリゲスに挑戦するIBFタイトルマッチとして行われる。井上は勝てば、IBFのベルトを獲得。主要4団体(WBA、WBC、WBO、IBF)の全てのベルトを獲得し、さらに米国で最も権威ある専門誌「ザ・リング」認定ベルトも手に入れることになり、5つのベルトを“完全制覇”することになる。

決戦のゴングは日本時間19日午前5時15分に鳴らされる。

ジャンルで探す