池江の白血病公表に代表勢も衝撃 萩野「いいニュースを届けることが最大限」

競泳男子で16年リオデジャネイロ五輪400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(24=ブリヂストン)、同女子の17年世界選手権200メートル個人メドレー銀メダリストの大橋悠依(23=イトマン東進)が12日、成田空港着の航空機でグアム合宿から帰国した。

グアムでの合宿から帰国し報道陣の質問に答える萩野(撮影・沢田 明徳)

この日、日本代表のチームメートである池江璃花子(18=ルネサンス)が白血病であることをツイッターで発表。萩野は「僕自身もすごくビックリしたした。そういうニュースを聞いても、やはり僕たちができることは一生懸命、練習して、試合でいい泳ぎをして、彼女にいいニュースを届けることが最大限のこと。頑張ろうという気持ちになりました」と語った。

池江について萩野は「本当に素晴らしい選手です。凄く頑張り屋さんですし、試合でも自分を持って臨んでいる選手。僕から見ても尊敬するところがたくさんある選手。彼女自身も諦めているわけではないと思いますから、僕たちも一緒に頑張っていけるように精いっぱいやっていきたい」と神妙に話した。

大橋は「聞いたときは凄く驚きましたし、ショックでした。池江選手が前を向いて病気と闘う決意を示しているので、私たちができることは璃花子の治療を応援することですし。自分たちがしっかりと頑張って、璃花子にも勇気を与えられたらと思います」と語った。代表合宿では同部屋だったこともあるだけに「歳は5つ離れていて、年下ではあるんですけど、強い気持ちの面だったり、競技力もそうですけど、見習うことがたくさんあった。一緒にメダルを狙う仲間だったので、今は少しショックですけど、お互い、また一緒のチームになって一緒に戦えるように頑張りたいと思える仲間です」と言葉をつないだ。

ジャンルで探す