鶴竜 勢に金星献上!白鵬休場で一人横綱も…幕内の勝ちっ放しは早くも栃ノ心、御嶽海の2人

◇大相撲名古屋場所4日目(2018年7月11日 名古屋市ドルフィンズアリーナ)

<大相撲名古屋場所4日目>勢(右)は押し出しで鶴竜を破る (撮影・奥 調)

大相撲名古屋場所4日目は11日、愛知県名古屋市・ドルフィンズアリーナ(旧愛知県体育館)で行われ、3場所連続優勝を狙う鶴竜は勢に押し出しで敗れ、早くも初黒星を喫した。場所前に結婚を発表した勢は金星に「前に出ることしか考えていなかった。相手がだれであれ、自分の相撲をするだけです」と語った。

なお横綱白鵬は「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」との診断書を提出し、この日から休場となった。

新大関栃ノ心は、阿炎を押し出しで破り4連勝を飾った。5日目は琴奨菊と対戦する。

カド番大関高安は正代を押し出しで下した。もう一人のカド番大関豪栄道は琴奨菊にはたき込みで敗れた。 人気力士・遠藤は千代大龍に送り出しで敗れ、今場所初黒星となった。

幕内の勝ちっ放しは早くも栃ノ心、御嶽海の2人だけとなった。

ジャンルで探す