スポーツ

三浦皇成 1年ぶり復帰戦で5着 妻・ほしのあきも見守る

昨年8月14日の落馬負傷で長期休養していた三浦皇成(27=鹿戸)が12日、札幌競馬場で1年ぶりに騎乗を再開した。

長いブランクの末に札幌でレースに復帰し、札幌競馬場の小玉剛資場長(左)から花束を受ける三浦皇成騎手

1Rのメモリーコウで5着入線後、検量室前で小玉剛資札幌競馬場長から花束を贈呈された三浦は「緊張しなかったと言えば嘘になるが、ゲートが開いてからは1年ぶりとは思えないくらい冷静に乗れた。活躍する姿を家族や応援してくれる人たちに見せたいというのが心の支えだった。こんな雨の中、来てくれた皆さんには心から感謝しています」と語った。

この日は復帰を見守るために妻でタレントのほしのあきも来場。花束贈呈後にはスタンドから三浦に笑顔で手を振っていた。