公務員だから出場料ゼロ。ボストンマラソン優勝の川内優輝はなぜ強いのか。

ボストンマラソンを優勝した川内の強さの秘密とは?(写真・アフロ)

ボストンマラソン(以下、ボストン)は世界最古のフルマラソンで、ワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)のひとつ。テロの標的にもなったことがあるほど、世界中から注目を集めるビッグレースだ。そんなボストンから日本人ランナーの快挙が届いた。“公務員ランナー”川内優輝(31、埼玉県庁) が16日(日本時間17日)日本勢では1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりのボストン優勝 を飾ったの だ。

 昨年は気温が25度近くまで上昇したボストンだが、今年は当日行われる予定だったメジャーリーグ「レッドソックス―オリオールズ戦」の中止が前日に発表されたほど、冷たい雨が降り注いだ。そのなかで川内は変幻自在のレースを披露する。

 ボストンはペースメーカーが不在の大会。まずはスタートダッシュをかまして、テレビ解説者に「クレイジー」と言わせるほどの、飛び出しを見せた。その後はトップ集団のなかでレースを進めて、中間点を1時間5分59秒で通過する。後半は前回覇者のジョフリー・キルイ(ケニア)に引き離されるも、40km地点で20秒差の2位につけた。ここからの川内も“クレイジー”だった。昨年のロンドン世界選手権で金メダルを獲得したキルイを悠々と逆転。後続に2分25秒差をける 圧勝劇を完結させた。

 川内はレース後のインタビューで、「ただ前だけを見て、ひたすら前だけを見て自分のベストの走りをしたら勝てました。(強風と大雨は)私にとっては最高のコンディションでした」とコメント。優勝タイムは2時間15分58秒と平凡だったが、そんなことは関係ない。伝統のボストンを制したことは、テニスの四大大会やゴルフの四大メジャー大会に勝つことと匹敵するくらい価値あるタイトルだからだ。

 いや、マラソンはアフリカ勢が本格参戦するスポーツであることを考えると、日本人が勝つことの難易度は、もっと上かもしれない。そんな“ミラクル”をフルタイムで勤務する公務員ランナーが達成。世界の「KAWAUCHI」となった川内優輝の「強さ」を探ってみたい。

 現在31歳の川内が世界のトップランナーと比べて、ずば抜けているのは、稀有なレース・キャリアだろう。フルマラソンは今回のボストンですでに80回以上となる出場で、そのうち海外レースは世界選手権などを含めて35回目。どんな大会に出場しても、「どこかで戦ったことがある選手がいる」という状況になる。レース中は過去に勝った選手がいれば、それを勇気にして、過去に負けた選手がいれば、「今度は勝つぞ」とモチベーションにしているという。

さらに日本のトップ選手はメジャーレースに出場したがる傾向がある中で、川内は「優勝争いできるレースの方が何倍もいい経験ができる」と考えて、優勝タイムが2時間10~12分のレースにも数多く参戦。今回のボストンまでに32回の優勝を経験するなど、「成功体験」を積み上げてきたのだ。そのなかで勝負勘が養われ、同時に勝つための戦略を固めてきた。

 そして、川内が自身の“ウイニングショット”として磨いてきたのが、「ラストスパート」になる。

  2010年の東京マラソンで40kmからのスパート合戦で3人の日本人選手に僅差で負けてから、「ラスト2.195kmの力さえ磨けば勝てる」と分析。ポイント練習を行うときには、どんなにきつくても、最後は必ずペースアップすることを自分に課してきた。たとえば、距離走で駒沢公園のコース(1周2.15km)を20周(合計43km)する場合、19周まではキロ3分40秒~3分30秒ペースで走り、最後の1周はキロ3分を切るようなペースまで上げるという。日々の練習からラストの切り替えを意識してきたことで、驚異的なスパート力を身に着けた。

 昨年のロンドン世界選手権は最後の2.195kmを出場選手最速となる6分41秒で走破。このタイムは日本記録と1億円がかかっていた東京マラソンの設楽悠太(Honda)と1秒しか変わらない。
 今回のボストンでも川内は勝負どころまでは無理をせず、ラスト2.195kmの爆発力で大金星を挙げたことになる。ちなみに川内の5000m自己ベストは13分58秒。そんな選手が、マラソンの終盤では、5000mで12分台のスピードを誇る猛者を凌駕してしまうのだから、その戦術は「凄い」としか言いようがない。

 また勝つための準備にも万全を期してきた。海外レースの場合、現地入りしてからコースを確認する選手が大半だが、川内は昨年末、ボストンに赴き、コースをじっくりと試走した。昨年のロンドン世界選手権も、まだ日本代表が決まる前にも関わらず、冬休みを利用して、コースを下見している。しかも、自費である 。

「実業団批判はしたくないですけど、会社や陸連のお金ではなく、自分の給料から出してまで、コースを下見しようとする選手はいないんじゃないでしょうか。でも、自分のためなんですから、自分の給料を使ってでも、事前にコースの下見 をするなど、できるだけの対策を打って、いいイメージを植え付けておくことが大切だと思います」

 昨年のロンドン世界選手権は9位と目標の「入賞」まで、あと一歩届かなかったが、今回のボストンは事前にコースを下見したことが功を奏した。川内は、大歓声のなかを最初にフィニッシュして、「人生で最高の日。ここはボストンで、世界最高のレース」と感極まった。そして、優勝賞金15万ドル(約1600万円)もゲットしたことになる。

 公務員規定で大会の「出場料」を受け取ることはできないものの、近年はレースのほとんどを「招待」で出場しており、交通費などは大会主催者が負担してくれるという(賞金は受け取れる)。もともと川内は、「日本各地のマラソン大会に出る」という野望を持っていたが、ワールドクラスのランナーに成長したことで、その夢が「世界各地のマラソン大会」に昇華した。

 今冬のマラソンでは、設楽悠太井上大仁(MHPS)、大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)ら25~26歳の若手が川内の自己ベスト(2時間8分14秒)を上回る2時間6~7分台で快走するなど、2020年東京五輪に向けて、男子マラソンは大きな盛り上がりを見せている。誰よりも自由に走る男は、暑さが苦手ということもあり、「日本代表」からの“引退”を表明しているが、すでに出場資格を持つマラソングラウンドチャンピオンシップ(MGC)には出場の意向を持つ。伝統のボストンを制した川内の存在が、日本のマラソン界をもっと強くすることだろう。

(文責・酒井政人/スポーツライター)

ジャンルで探す