茨城県、障害者スポーツ大会を中止=台風の接近で

 茨城県は10日、台風19号の接近を考慮し、12日から3日間開催予定だった第19回全国障害者スポーツ大会を中止すると発表した。大会の中止は初めて。県によると、実施不可能な競技が全体の3分の2程度に達した場合は中止とすると開催基準要綱に定められており、スポーツ庁や日本障がい者スポーツ協会と協議し、中止を決めた。
 大会には秋篠宮ご夫妻や次女の佳子さま、高円宮妃久子さまもご出席される予定だった。大井川和彦茨城知事は「選手、役員らの安全を第一に考えての苦渋の決断」とのコメントを出した。 

ジャンルで探す