池江選手の回復切望=五輪銀メダルの朝原さん

 2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した朝原宣治さんが14日、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手について、「(20年東京)五輪があと1年に迫り、無念だと思う。病気を治して元気になってもらいたい」と気遣った。東京都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)による定例の講話会で強化指定選手にスピーチした後、報道陣の取材に応じた。
 朝原さんは、昨夏のジャカルタ・アジア大会で池江選手が6冠に輝く瞬間を目の当たりにした。「(病気の発症は)まさかと思った」と重く受け止めた。 

ジャンルで探す