渡辺が4位=W杯ショートトラック

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)今季第2戦は10日、米ユタ州ソルトレークシティーで行われ、男子1500メートルで渡辺啓太(阪南大職)が4位に入った。横山大希(トヨタ自動車)が6位。女子1500メートルでは、菊池悠希(ANA)が6位だった。
 女子3000メートルリレー準決勝の日本(菊池萌菊池純、菊池悠、斎藤)は2組1着で決勝に進んだ。男子5000メートルリレーの日本(菊池、渡辺、横山、吉永)は準決勝で敗退。 

ジャンルで探す