大越は19位=W杯アルペン

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は14日、スイスのウェンゲンで男子回転第7戦が行われ、大越龍之介(東急リゾートサービス)は合計タイム1分50秒39で、自己最高の19位だった。平昌五輪代表の湯浅直樹(スポーツアルペンク)は30位で進んだ2回目で失格した。
 マルセル・ヒルシャー(オーストリア)が今季8勝目、W杯通算53勝目を挙げた。 

ジャンルで探す