兵庫、14年ぶり優勝=京都2位、長崎3位-都道府県女子駅伝

1位でゴールする兵庫のアンカー福田=14日、京都・西京極陸上競技場

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝競走は14日、京都・西京極陸上競技場を発着点とする9区間42.195キロのコースで行われ、兵庫が2時間15分28秒で14年ぶり4度目の優勝を果たした。
 兵庫は5区で5位から2位に浮上し、6区の後藤夢(西脇工高)が首位の長崎に2秒差と接近。7区で樽本知夏(須磨学園高)がトップに立つと、その後も8区の石松愛朱加(浜の宮中)らがリードを広げた。
 連覇を目指した京都は1分13秒差の2位にとどまった。長崎が3位、岡山が4位、大阪が5位。以下は神奈川、福岡、愛知の順だった。 

ジャンルで探す