女子ダブルスの柴原、土居が3回戦進出。シフィオンテク以外のトップ10が消える[全仏オープン]

「全仏オープン」での土居

現地28日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)7日目、女子ダブルスで柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)、土居美咲(日本/ミキハウス)のペアが3回戦進出を果たした。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

エイジア・ムハメッド(アメリカ)と組んで第9シードとして出場している柴原は、クリスティーナ・クコバ(スロバキア)/アナスタシア・ポタポワ(ロシア)ペアに6-4、6-3で勝利。そして土居はアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)とのコンビでウルリカ・エイケリ(ノルウェー)/Catherine Harrison(アメリカ)ペアからタイブレークの末に第1セットを取り、そのままストレート勝ちを収めている。

柴原はその後、混合ダブルスでもプレー。ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)とのペアでオランダペアを下し、ベスト8入りを果たした。こちらにはチャン・ハオチン(台湾)/マクラクラン勉(日本/イカイ)ペアも出場していたが、ニコール・メリカ(アメリカ)/ケビン・クラウィーツ(ドイツ)ペアに4回のブレークチャンスをすべてしのがれ、敗れている。

女子シングルスでは、第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランキング95位のダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)をストレートで下して31連勝。これは2000年以降で4番目に長い連勝であり、元世界女王のジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が2007年から2008年にかけて達成した32連勝まであと1勝としている。

とはいえ、シフィオンテクは第1・第2セットともに、先にブレークするも、その後コビニッチに一旦追いつかれるという展開に。快勝した過去2試合に比べて苦戦したことについて、本人は以下のように振り返っている。

「自分の力を何度かうまく利用されてしまった気がしたから、相手のプレーに多少合わせる必要があったわ。第2セットでは戦術を変えてリスクを減らすようにしたけど、そこで何度かミスをしてしまい、ブレークの数で一旦は並ばれた。そのことには満足していないけど、全体的にはうまくプレーできたと思う。第2セットでうまく盛り返すことができたわ」

シフィオンテクが勝利を重ねる一方、3回戦で世界4位のパウラ・バドーサ(スペイン)が右足の負傷により棄権、そして世界7位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)が敗れたことで、シフィオンテク以外の世界トップ10選手はすべてベスト16入りを逃すことに。勝ち残っている中でシフィオンテクに次いでランクが高いのは世界11位のジェシカ・ペグラ(アメリカ)だ。

そのほかには、ノーシードながら勝ち進んでいたフランス勢がそろって大会を去ることに。世界40位のアリゼ・コルネ(フランス)は左足の怪我で途中棄権を余儀なくされ、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場していた世界227位のレオリア・ジャンジャン(フランス)は、世界63位のイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)にストレート負けを喫した。

大会7日目、女子シングルスと女子ダブルス、混合ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【3回戦】

イガ・シフィオンテク(ポーランド)[1] 6-3 7-5 ●ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)

●パウラ・バドーサ(スペイン)[3] 3-6 1-2(RET) 〇ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)[29]

カミラ・ジョルジ(イタリア)[28] 4-6 6-1 6-0 ●アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)[7]

〇ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[11] 6-1 7-6(2) ●タマラ・ジダンセク(スロベニア)[24]

マディソン・キーズ(アメリカ)[22] 3-6 6-1 7-6(3) ●エレナ・リバキナ(カザフスタン)[16]

●シェルビー・ロジャーズ(アメリカ) 3-6 2-6 〇ダリア・カサキナ(ロシア)[20]

〇イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア) 6-1 6-4 ●レオリア・ジャンジャン(フランス)

〇ジャン・チェンウェン(中国) 6-0 3-0(RET) ●アリゼ・コルネ(フランス)

<女子ダブルス>
【2回戦】

〇エイジア・ムハメッド(アメリカ)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)[9] 6-4 6-3 ●クリスティーナ・クコバ(スロバキア)/アナスタシア・ポタポワ(ロシア)

●ウルリカ・エイケリ(ノルウェー)/Catherine Harrison(アメリカ) 6-7(4) 3-6 〇土居美咲(日本/ミキハウス)/アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)

●レイラ・フェルナンデス(カナダ)/キルステン・フリプケンス(ベルギー) 2-6 2-6 〇ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)/エリース・メルテンス(ベルギー)[2]

<混合ダブルス>
【2回戦】

●デミ・シヒュース(オランダ)/マットヴェ・ミドルコープ(オランダ) 3-6 4-6 〇柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)[2]

●チャン・ハオチン(台湾)/マクラクラン勉(日本/イカイ) 4-6 5-7 〇ニコール・メリカ(アメリカ)/ケビン・クラウィーツ(ドイツ)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」での土居
(Photo by Mine Kasapoglu/Anadolu Agency via Getty Images)

ジャンルで探す