プロスポーツの裏方たちがテクノロジーで戦う「無観客試合」

球場入りするエンゼルスの大谷翔平。無観客の客席にはパネルが置かれている(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、遅れに遅れていた米・大リーグが7月24日にようやく開幕だが、3密を避けるため日本のプロ野球開幕と同様、無観客試合で始まる。だが、プロの試合は観る人がいないと始まらない。ジャーナリストの西田宗千佳氏が、世界でも次々と導入されている自宅からスタジアムへ歓声を届ける「リモート応援」について解説する。

【写真】踊るペッパーとスポット

 * * *
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴う規制によって、興行関連事業は大きな制約を受けている。スポーツも例外ではない。「無観客試合」という言葉もすっかり定着した。日本のプロ野球・Jリーグは無観客試合を導入し、段階的に少数の観客を入れる方向へと進みつつあるが、7月23日に開催されるアメリカ・メジャーリーグ(MLB)は、無観客試合での開始となる。

 無観客試合は味気ない。だがもちろん、各関係者は様々な技術を使って状況への対処を進めている。

メジャーリーグは「ゲーム」の音で無観客試合を盛り上げる

 MLBは、日本と同じように「無観客試合」でスタートする。野球観戦の醍醐味は、スタジアムに響く歓声が生み出すにもあるので、寂しいことに違いはない。

 そこでMLBでは、歓声を「バーチャルサウンドノイズ」として再現することになった。音のデータとして使うのは、MLBが「公式ゲーム」として協力している「MLB The Show」(発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)で、ゲーム内の歓声として使われているデータ。その中から一般的な歓声からブーイングまでの75種類をピックアップし、ホームゲームを視聴中のファンがボタンを押して「反応」を球場に届けるようになっている。

 自らのリーグの「公式ゲーム」の歓声音を無観客試合で使う、という検討は、他のメジャースポーツでも進んでいる。イングランド・プレミアリーグでは、テレビ中継の副音声として、プレミアリーグがライセンスを提供しているサッカーゲーム「FIFA 20」(発売元:エレクトロニック・アーツ)の音声が使われているし、全米プロバスケットボールリーグ(NBA)でも、公式ゲーム「NBA 2K」(発売元:テイクツー・インタラクティブ)の音声を利用する。

 ゲームはテレビ越しに、球場にいる雰囲気を出すための工夫をずっと行ってきた。その知見やデータを使うのは、ある意味でわかりやすい方法だ。

Jリーグが一斉導入した「Remote Cheerer」

 冒頭で述べたように、日本でもすでに無観客試合に「歓声」を入れる形での対応を進めている。

 Jリーグでは無観客試合を「リモートマッチ」と呼称し、前向きな対応に努めてきた。その中でも、評価が高かったのが、ヤマハが開発した「Remote Cheerer powered by SoundUD」だ。J1・J2・J3の26クラブが導入している。スマートフォン専用サイトが試合ごとに用意され、試合展開に合わせて「応援ボタン」が入れ替わっていく。そして、「応援ボタン」をタップした人数に応じて、スタジアム内に設置したスピーカーから歓声や拍手の音を流すことができるシステムだ。

●ヤマハのRemote Cheerer

 一般的な無観客試合対応は「テレビや動画配信で視聴している人に臨場感を与える」ことが目的であり、一種のファンサービス的な意味合いが強い。スタジアム内のスピーカーで歓声を流す、という行為ももちろん行われているが、システム導入のコストや「歓声を送った人」と現地の間のタイムラグの問題もあり、実際のスタジアムの歓声とは大きく異なる、という点も懸念されている。Jリーグでの導入についても初期には懸念する声もあったし、実際「歓声が不自然に途切れる」「突然大音量で流れる」など、本物の歓声とは違うという評価もある。だが、「Remote Cheerer」は2020年秋のサービス開始を目標に順調な開発が進んでいたもので、他の方式よりも素早く導入が可能であったこと、もともとコンサートなどでの利用も想定しており、遅延の問題も比較的少ないこと、リーグ開幕前の実証実験で選手側からもサポーター側からもポジティブな利用結果が得られたことなどから、7月のJ1リーグ再開時にも導入されている。Jリーグは全試合の配信権を持つ「DAZN」との連携し、リモートマッチを盛り上げるべく努力している。

ソフトバンクは「ロボット軍団」で応援

 プロ野球も同じように、無観客試合へのテクノロジー導入を進めている。中でも注目されたのは、ソフトバンクが繰り出した「ロボット応援団」だろう。

 6月18日に福岡PayPayドームで開催された福岡ソフトバンクホークスの試合では、ライトスタンド側に複数の人型ロボット「Pepper」が配置され、応援する様子が試合中継で流された。7月 7日から31日までは、Pepperに加え、四足歩行型ロボット「Spot」も配置される。Spotは米Boston Dynamics社が開発・販売するロボットで、非常に機敏かつ軽快な動きをすることが特徴だ。20体のPepperと20体のSpotが動く様子は、動画でも配信され、SNSなどでも数多くシェアされていた。

 これそのものは、どちらかと言えば「応援の代替をすることで、ソフトバンクのプロモーションに役立てる」という方向性の施策だが、7回裏の攻撃の前に「応援する」という、ホームゲームを盛り上げる仕組みの代替としては、確かに面白い方策と言えるだろう。そして日本の場合、すぐにできるのは、ロボットビジネスを傘下に抱えるソフトバンクくらいなのも事実だ。

●「いざゆけ若鷹軍団」PepperとSpotのコラボレーションダンス

「窮余の策」を「ファン増加」につなげることが重要

 こうした試みは全て、「従来通り観客を入れることが難しい」ための代替的な処置であることに変わりはない。上記のような処置でも、完全な満足度を実現できていないのが実情だ。日本でも、Jリーグでは少数のファンをスタジアムへ入れる措置が始まり、プロ野球についても、7月10日より、5000人を上限に観客を入れる形へと移行している。

 無観客試合が厳しい理由の1つは、「歓声」などの盛り上がりだけでなく、ビジネス上の観点もある。スタジアムに観客が入らないことになれば、スタジアムでの飲食やグッズ販売のビジネスも行えない。その分の収入が減ることは痛手だが、スタジアムの維持を考えた場合にも、現金収入があることは望ましい姿だ。その点、無観客では現状、カバーはできていない。いかにオンラインショッピングが充実してきても、「スタジアムで飲むビール」の代替は難しいし、応援グッズを買ってしまう高揚感は起きない。

 一方で、オンラインによる応援には、圧倒的な「手軽さ」という価値がある。テクノロジーによってスタジアムにいくことの価値を幾らかでも実現できれば、より多くの人をファンとして集客しやすくなる。今は窮余の策だが、オンラインとオフラインが同居できる時期が来たときに、今の試行錯誤がプラスに働くことを期待したい。

ジャンルで探す