パー3のティーショットでミスしない! 成功のポイントは「目線」と「ティーの高さ」

スコアメークのカギを握るのはアイアンショット。セカンドショットやパー3ホールのティショットで、狙い通りの方向、飛距離を打つことができれば、安定するはず。そこで、レッスンプロの高橋友希子コーチに、アイアンショットのコツをレッスンしてもらった。今回のテーマは、「パー3のティーショット」。

目線を高く構えると「あおり打ち」が出やすくなる

 パー3では、ワンオンすればパーやバーディーのチャンスが広がります。しかしその一方、グリーンを外すと、池やバンカーなどにつかまり、大叩きする可能性もあります。

 精度の高いティーショットでグリーンをとらえるには、どこに気を付ければいいのでしょうか。

目線を低くしながらセットアップ。ボールを上げたいからといって高い所を見ると、あおり打ちが出やすいアドレスになる

目線を低くしながらセットアップ。ボールを上げたいからといって高い所を見ると、あおり打ちが出やすいアドレスになる

 代表的なミスのひとつが「あおり打ち」です。ボールを高く上げようとすると、右足に体重が残り、右肩を下げながらダウンスイングしやすくなります。これではスイング軌道がブレてしまい、イメージどおりのボールを打つことができなくなります。

 そんなミスを防ぐには、セットアップする時の目線に注意するのが効果的です。ボールを上げたいからといって、視線を高くしながら構えると、右肩が下がり、右足体重のアドレスになってしまいます。高い球を打ちたい時ほど、目線を低くしながら構えましょう。

体重配分は左6:右4がオススメ。ティーアップは地面ギリギリに

 目線を低くしながらセットアップする際は、いつもより少しだけ左足体重で構えるのがオススメです。

意外と多いミスが、高めにティーアップしてしまうケース。ティーの高さを地面ギリギリにすると、芯でとらえやすくなる

意外と多いミスが、高めにティーアップしてしまうケース。ティーの高さを地面ギリギリにすると、芯でとらえやすくなる

 フラットなライの時に左足5:右足5の体重配分で構えているなら、アイアンで打つパー3のティーショットでは、左足6:右足4でアドレスしましょう。左足に体重が乗っていると、ヘッドを上から入れやすくなり、あおり打ちが出にくくなります。

 セットアップでもうひとつ気を付けてもらいたいのが、ティーの高さです。ティーアップするからといって、ドライバーと同じようにティーを高くするのはNG。

 ティーを高くしたぶん、フェース面の上の方にボールが当たり、弱々しい弾道になってしまいます。地面ギリギリにティーを刺すと、芯に当たりやすくなります。

ボールの左側を見ながらいつもと同じようにスイング

 地面ギリギリにティーアップして、目線を低くしながらやや左足体重でアドレスしたら、ボールの左側を見ながらスイング始動してください。スイング中も、ボールの左側を見続けることがポイントです。

スイング中はボールの左側を見続けて体を動かす。目線を工夫していつもどおりスイングするだけで、ヘッドが下から入りにくくなる

スイング中はボールの左側を見続けて体を動かす。目線を工夫していつもどおりスイングするだけで、ヘッドが下から入りにくくなる

「ボールと地面の間にヘッドをキレイに入れたい!」からといって、ボールの右側を見るのはミスの元です。アドレスでヘッドを上から入れる態勢を作っていても、スイング中にボールの右側を見てしまうと、軸が右に傾きやすく、あおり打ちをしてしまうことがあるからです。

 スイング中は、体の動きを意識的に変える必要はありません。上から打ち込めるアドレスを作り、ボールの左側を見ながらいつもどおりにスイングすればOK。適正な入射角でインパクトでき、高い球でグリーンをとらえやすくなるはずです。

取材協力・レインボーカントリー倶楽部(神奈川県)

【指導】高橋友希子(たかはし・ゆきこ)

1983年生まれ。小学生からゴルフを始め、ジュニア時代に『関東ジュニア』優勝や『世界ジュニア(11~12歳の部)』2位など、輝かしい成績を収める。高校はゴルフの名門・埼玉栄高校に入学し、『日神カップ』優勝などの成績。卒業後は一時、ゴルフから離れたが、26歳の時に再びゴルフの世界へ。現在は、東京、神奈川、千葉等で幅広いアマチュアゴルファーにレッスン活動を行っている。

ジャンルで探す