西宮ストークス、日本人ビッグマンの中西良太と契約継続「日々精進して参ります」

 西宮ストークスは28日、中西良太との契約継続を発表した。2022-23シーズンから背番号が「11」から「1」へ変更となるという。

 地元・兵庫県出身で現在33歳の同選手は、202センチ110キロのパワーフォワード兼センター。2011年に日本体育大学からTGI・Dライズへ入団し、2012年に兵庫ストークス(現西宮)へ加入した。

 2014年まで西宮でプレーし、その後熊本ヴォルターズ、佐賀バルーナーズと渡り歩き、2021年に西宮へ復帰。今シーズンは49試合の出場で187得点(平均3.8得点)139リバウンド(同2.8リバウンド)を記録した。

 中西は発表に際し、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

「皆さんお久しぶりです。2022-23シーズンも西宮ストークスでプレーできることを大変うれしく思います。

 今シーズンはチームとしても個人としても納得のいく結果ではありませんでした。来シーズンこそは目標達成できるよう日々精進して参ります。日頃から支えてくださっているスポンサーの皆様、ブースターの皆様、来シーズンもサポートよろしくお願い致します。

 来シーズンから背番号を1番に変更しました。長年つけてきた番号で思い入れがあるので変更させてもらいました。#1中西良太をよろしくお願いします」

ジャンルで探す