6都府県に緊急事態宣言 5月31日まで

ウィザーズが西首位のジャズを敵地で撃破! ビール・ウェストブルックで59得点

 4月13日(現地時間12日)、ワシントン・ウィザーズが敵地でユタ・ジャズと対戦した。

 試合は立ち上がりから両チームとも得点を重ねる展開となる中、ジャズのドノバン・ミッチェルに連続得点を許して点差を広げられると、終了間際にジョー・イングルスに3ポイントシュートを沈められ、33-42で第1クォーターを終える。リードを奪われたウィザーズは、第2クォーター序盤から攻勢を強めて徐々に詰め寄ると、残り7分23秒にラッセル・ウェストブルックがダンクショットを叩き込んで50-49と逆転に成功。その後試合を優位に進めたウィザーズが70-65とリードして試合を折り返す。

 ウィザーズがリードして迎えた第3クォーター、相手の反撃を許して徐々に点差を縮められると、残り5分55秒でジャズのボヤン・ボグダノビッチが3ポイントシュートを成功。77-78と逆転を許すが、ウェストブルックの得点ですぐさまリードを奪うと、その後ダービス・ベルターンスが2連続で3ポイントシュートを沈めるなど外角から攻め立て、98-88と10点のリードを持って最終クォーターへ突入する。

 最後の12分間、前クォーター終盤の勢いそのままに攻め立てたウィザーズがリードを拡大し、一時19点差に広げる。だが、その後ミッチェルやボグダノビッチに3ポイントシュートを決められ、試合残り50秒で119-115と4点差に。苦しい状況となったが、ウェストブルックがジャンプショットを決めてリードを拡大すると、その後ファウルゲームで獲得したフリースローを沈め、125-121で勝利。ウィザーズが敵地で西首位のジャズを破った。

 ウィザーズはブラッドリー・ビールが34得点、ウェストブルックが25得点14リバウンド14アシストでまたもやトリプルダブルを達成。八村塁はファウルトラブルの影響もあり4得点に留まった。

■試合結果
ユタ・ジャズ 121-125 ワシントン・ウィザーズ
UTA|42|23|23|33|=121
WAS|33|37|28|27|=125

ジャンルで探す