サンズがジャズとのウェスタン上位対決を制す…ブッカーがチームトップの35得点

 4月8日(現地時間7日)、フェニックス・サンズはホームでユタ・ジャズとの一戦に臨んだ。

 サンズがクリス・ポールの3ポイントシュートなどで序盤から主導権を握り、中盤までに最大11点差をつける。だが、徐々にジャズに反撃を許すと、最後はルディ・ゴベアにレイアップを許し20-21と逆転されて第1クォーターを終える。続く第2クォーター、ポールのジャンプショットで開始早々追いつくと、中盤から出場したデビン・ブッカーが12得点を挙げる活躍を見せ、一気に点差を広げる。51-40と11点差まで広げて試合を折り返した。

 この流れのまま試合を決めたいサンズだったが、第3クォーター開始早々、ジャズの連続得点で徐々に点差を詰められる。チームで5つのターンオーバーを許し、最後はターンオーバーからマイク・コンリーに逆転のジャンプショットを決められ、77-78で最終クォーターへ。第4クォーターは、開始から一進一退の攻防が続く。サンズは司令塔のポールを中心に得点を重ねるも、相手エースのドノバン・ミッチェルをなかなか止められず。3点リードで迎えた残り10.8秒にはミッチェルに3ポイントを許し、102-102でオーバータイムへ。

 勝負の延長戦は、開始早々ブッカーのレイアップで先手を取ると、その後は両チーム3ポイントを狙うもなかなか決まらず。この展開の中、キャメロン・ジョンソンが値千金の3ポイントを決め、2ポゼッション差をつけると、このリードを守り切ったサンズが、117-113でウェスタン・カンファレンス1位・2位対決を制した。

 サンズはエースのブッカーがチームトップの35得点をマークし、オーバータイムでも活躍を見せた。ディアンドレ・エイトンは18得点12リバウンドでダブルダブルを記録。一方のジャズはミッチェルが両チームトップの41得点をマーク。ゴベアも16得点18リバウンドのダブルダブルを記録したが、あと一歩及ばなかった。

■試合結果
ユタ・ジャズ 113-117 フェニックス・サンズ
UTA|21|19|38|24|11|=113
PHX|20|31|26|25|15|=117

ジャンルで探す