宝塚記念に豪華メンバーが集結。穴党記者はタイプの違う2頭に高配当の夢を託す

 今年上半期の総決算となるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月26日に行なわれる。

「春のグランプリ」と称されるとおり、今年も現役トップクラスの実力馬が集結。例年と違わず、見応えのあるレースが繰り広げられそうだ。

 馬券的には「秋のグランプリ」であるGI有馬記念と同様、その年を代表する人気馬が圧倒的な強さを見せる年もあるが、人気の盲点となった実力馬の台頭も頻繁に見られ、比較的波乱の多いレースと言える。

 過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気は3勝、2着2回、3着1回と決して盤石とは言えない。一方で、6番人気以下の伏兵が毎年のように馬券に絡んでいて、3連単はすべて万馬券。10万円を超える高配当もしばしば生まれている。

 はたして、今年はどうか。

 馬券の検討においてひとつポイントになるのは、今回の阪神開催がわずか2週間の短期集中開催であること。デイリー馬三郎吉田順一記者がその点についてこう解説する。

「今年最初の阪神開催は第1回、第2回と連続して行なわれ、2月中旬から12週にわたるロングラン開催でした。その後、中京競馬場での6週開催を挟んで、今回2週間だけ行なわれる第3回開催のために戻ってきましたが、その間の馬場作業では部分的な芝の張り替えなどはなく、エアレーションのみ。それだけ馬場のコンディションがいい、ということでしょう。

 実際、開幕週は凸凹がほとんどありませんでした。2週しか施行されないのがもったいないぐらいの状態です。エアレーション作業の効果もあるのか、クッション値はそれほど上がらなかったイメージですが、芝の塊が飛ぶようなことはなく、路盤はかなりしっかりしていることは確かです」

 となれば、レース直前にまとまった雨さえ降らなければ、開幕週と同じく絶好の良馬場で行なわれそうだ。続けて吉田記者は、そうした馬場状態にあって優位となる馬のタイプについても語る。

「ロスのないレース運びができるかどうかが重要。特に内回りの一戦であることを考えると、内枠に入った馬、前に行ける馬が優勢と言えるでしょう。外枠に入った馬が来るとしたら、力上位のうえ、スムーズに先行できるかどうか。

 阪神・内回りの芝2000mや芝2200mは消耗戦になりやすいのですが、そこはあくまでも展開ひとつ。前に行く馬が少しでもラップを緩められて、折り合ってレースを運ぶことができれば、差し・追い込み馬が上位に来るのは難しいでしょうね」


宝塚記念での一発が期待されるパンサラッサ

 そうして、吉田記者はこの春最大の上がり馬を推奨馬に挙げる。

「パンサラッサ(牡5歳)です。ドバイの地で初めてのGI勝ち(ドバイターフ/3月26日、芝1800m)を飾って、日本に戻ってからも元気いっぱい。1週前の追い切りでは、躍動感のある走りでキレのある動きを見せていました。

 ここ5走で、オープン、GIII、GII、GIと4勝を挙げている勢いはホンモノでしょう。唯一の敗戦は、3走前のGI有馬記念(13着。12月26日/中山・芝2500m)。距離が長かったことと、緩急をつけすぎたことが敗因でした。

 そういう意味では今回、スタートしてからギアを上げることなくハナをきって、そこからワンペースでノンプレッシャーの逃げが打てることが理想。そしてそのまま、GI天皇賞・春(5月1日/阪神・芝3200m)を逃げて圧勝したタイトルホルダー(牡4歳)もしっかりと押さえ込んで、3~4コーナーでも影を踏ませることなく、早めに仕掛ける形が勝ちパターンとなるでしょう。

 良でも重馬場でもこなせますが、他馬が苦しんだり、キレ味を削がれたりするなら、少しタフな設定になることも悪くはありません。タイトルホルダーが勝負どころで少しでも可愛がって(目をかけて)くれれば、逃げきりの目も十分にあると見ています」

 吉田記者はもう1頭、パンサラッサへの警戒が強くなった場合、思わぬ馬の台頭もあると見て、パンサラッサとは真逆のタイプを穴馬候補としてオススメする。

「面白いのは、ヒシイグアス(牡6歳)。パンサラッサがラクに逃げることができず、タイトルホルダーや、それに続くポジションをとると思われるディープボンド(牡5歳)、オーソリティ(牡5歳)、エフフォーリア(牡4歳)、デアリングタクト(牝5歳)ら有力馬が早めに動いてシビアな消耗戦となれば、それに乗じて一緒に動いてくる差し馬勢にもチャンスがあると思うからです。

 前走のGI大阪杯(4月3日/阪神・芝2000m)は、香港帰りでトモの疲れもあったのか、攻め気配は本来のものではなかった印象があります。しかし、今回の1週前追い切りでは気合い乗りがよく、キビキビしたフットワークで上々の伸び脚を披露。前走時は最終追いで難しい面をのぞかせましたが、今回そういう面を見せなければ、大幅な上積みが見込めるのではないでしょうか。

 馬場は不問ですし、手応え以上にしぶとく脚が使えるタイプ。昨今は、東京競馬場のGIなどでワンパンチ欠いた馬が阪神の内回りで大仕事をするシーンが目につきます。ヒシイグアスはそのイメージにもぴったりハマります」

 ヒシイグアスは昨年末のGI香港C(12月12日/香港・芝2000m)で、ラヴズオンリーユーの僅差の2着。地力がアップしていることは間違いないゆえ、一発あっても不思議ではない。

 ハイレベルな争いが期待される春グランプリ。着実に力をつけてきている2頭が高配当の使者となるのか。注目である。

ジャンルで探す