帝京大の岩出監督が「納得していたわけではない」苦しみの3年間。「今季はかなりタフにやった」チームがV10を達成

「紅き旋風」が復活の狼煙を上げた----。

 2017年度までラグビー大学選手権V9の金字塔を成し遂げた帝京大が難敵・慶應義塾大を64−14で下し、関東大学対抗戦で開幕から7戦全勝を達成。3年ぶり10度目の優勝を飾った。

 前半から伝統的に守備に定評のある慶應大に対し、帝京大はSO(スタンドオフ)高本幹也(3年)を中心にフォワード、バックス一体となってボールを広く展開。自慢の攻撃力で前半3トライ、後半6トライの計9トライを重ねた。一方、守っても後半は相手を零封し、今季の調子のよさを証明して見せた。


10度目の優勝を記念して両手を広げる帝京大の選手たち

 この試合はケガでグラウンドに立てなかった主将のPR(プロップ)細木康太郎(4年)が、3年ぶりの喜びを語った。

「(対抗戦で)全勝で優勝したことは、いいモチベーションになる。この経験や僕たちのマインド、考え方が大学選手権優勝につながっていったらいい」

 帝京大は過去3年間、苦しい時間を過ごしていた。

 2018年度は対抗戦1位で通過したものの、大学選手権では準決勝で天理大に敗れた。翌2019年度は対抗戦3位で大学選手権は初戦(3回戦)で流通経済大に、昨年度は対抗戦4位に沈んで大学選手権・準決勝で早稲田大に敗れた。

 細木キャプテンを筆頭に今年の4年生以下は、自身が強い帝京大を見て紅きジャージーに憧れて入学したものの、大学に入ってから1度も大学王者を経験していない選手たちだ。ただ、監督歴25年の岩出雅之監督は特段にV9時代の話をすることなく、「自分たちのチーム、自分たちのプレーで優勝しろ」と選手たちに声をかけていたという。

 そんな環境のなか、同期の4年生たちに推されて新チームのキャプテンに細木が選ばれた。本人は「想像していなかった」と言う。副キャプテンになったFL(フランカー)上山黎哉とCTB(センター)押川敦治(ともに4年)も候補に挙がったが、「最も勝ちたい気持ちを前面に出している」というのが選ばれた理由だった。

「帝京大の勇姿を見て入ってくれた選手たちは、僕が思うより(昨年まで)敗戦している時に悔しさを感じていた。それを晴らしたいという気持ちが細木にあって、言葉に飾りがない分、純粋なエネルギーを感じ、そのエネルギーがチームを鼓舞している」(岩出監督)

 帝京大は今季、原点に立ち返った。かつて強みにしていた接点の部分を、春先からあらためて鍛えたという。

「過去3年間(優勝できず)負けていたところは、指導者として納得していたわけではない。だから、今季はかなりタフにやった。結果、コンタクトそのものだけでなく、心理的に最後まで踏ん張る力も成長した」(岩出監督)

 5月、春シーズンが開幕すると、帝京大は無敗で駆け抜けた。

 春季大会Bリーグでは、他大学を圧倒して3連勝。リーグ戦の雄・東海大、そして4年間負け続けていた明治大にも勝利した。特に明治大戦は、公式戦ではない招待試合だったが選手全員を帯同させる徹底ぶりで、細木キャプテンは試合後「この仲間とラグビーができてうれしかった!」と涙を流していたほどだった。

「僕もFWのみんなも、コンタクトが好きになっている。ブレイクダウンが嫌ではなく、楽しめている。苦しいなかでも当たりにいく。逃げずにできている。チームが変わってきている」(細木)

 夏合宿では早稲田大に今季初黒星を喫したが、それがまたいいレッスンとなった。そして秋、対抗戦の開幕を迎えた。

 9月、初戦の筑波戦こそ17−7と苦戦したが、10月になると徐々に調子が上がっていった。埼玉ワイルドナイツでコーチを務めていたOB相馬朋和氏が細部にわたって指導するようになったこともプラスになった。

 11月の早稲田大戦では、元ヤマハ発動機の田村義和氏が指導するスクラムで圧倒し、29−22で勝利。続く明治大戦では、スクラムだけでなくディフェンスも機能して14−7で逃げきった。「早稲田さん、明治さんにタフにしていただき、そこを超えてきた」(岩出監督)とライバルでの勝利で自信をつけた。

 そして、勝てば対抗戦の優勝が決まる慶應義塾大戦。「2週間、フォーカスしてきたことが出せた」と岩出監督が話したとおり、フォワードとバックス一体となってボールを動かして9トライを奪取し、64−14で快勝した。

「本当に今年1年、勝ちにこだわってきた。対抗戦が始まってからも、勝つために何をするのか問いかけてきました。そうやってきた結果が(対抗戦の)優勝になっているのかな」

 試合後、細木は目を細めた。

 帝京大が今季強くなった要因は、アタック、ディフェンス、セットプレーといったラグビー面の整備だけではないだろう。選手たちがメンタル面において調子を上げてきたことも大きい。

 そして、次なる舞台は大学選手権。帝京大は12月26日、準々決勝からの登場となる。

「この1年、(キャプテンとなって)僕のすべてが成長しました。僕たちの目標は大学選手権優勝です!」

 細木は真っ直ぐに前を向いて宣言した。

 4シーズンぶりに国立競技場で優勝カップを掲げ、「強い帝京大」を復活させることができるか。

ジャンルで探す