個性派3頭が有力のスプリンターズS。人気の盲点となるGI馬にご用心

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋のGIシリーズがスタート。その第1弾となるGIスプリンターズS(中山・芝1200m)が10月4日に行なわれます。

 新型コロナウイルス感染症対策により、秋の中山開催も無観客競馬で行なわれています。そのため、日本屈指のスプリンターたちが集うレースも、目の前でファンのみなさんにご覧いただけない、というのは寂しい限りです。

 それでも、次の東京、京都、新潟開催からは、指定席限定(人数制限あり)ではありますが、一般ファンの入場が再開されるそうです。京都では無敗の三冠制覇を目指す2頭、デアリングタクトが臨むGI秋華賞と、コントレイルが挑むGI菊花賞が行なわれ、東京では史上最多のGI8勝を狙うアーモンドアイが出走予定のGI天皇賞・秋が行なわれます。来場されたファンの方々には、ぜひとも歴史的な瞬間を堪能してほしいと思っています。

 その前に、まずはスプリンターズS。今年は、それぞれの立場というか、個性の異なる3頭の有力馬が出走します。

 1頭は、藤沢和雄厩舎のグランアレグリア(牝4歳)です。スプリント戦は、春のGI高松宮記念(2着。3月29日/中京・芝1200m)に続いて2回目の挑戦。中山競馬場で走るのは、今回が初めてとなります。

 ともあれ、前走のGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)では、アーモンドアイに完勝。現役トップクラスのポテンシャルがあることを証明し、スプリント戦での戴冠も大いに期待されています。

 3歳の春までは、スピードの違いで先行する競馬が多かった馬ですが、初めて1400m戦を使った昨年末のGII阪神C(1着。阪神・芝1400m)以降、末脚の爆発力で勝負するタイプになりました。今回もスプリントGIのペースを考えると、後ろからの競馬になると思いますが、どんな走りを見せるのか、非常に楽しみです。

 2頭目は、モズスーパーフレア(牝5歳)。1着に入線したクリノガウディーの降着(4着)による繰り上がりでしたが、高松宮記念で念願のGI制覇を果たしました。昨年のスプリンターズSでは、惜しくも2着。今回は、その雪辱を晴らすとともに、スプリントGIの春秋制覇がかかっています。

 同馬はとにかく、強気の逃げで堂々と勝負するタイプ。以前は、後続に脚を使わせながらも、普通の馬なら「オーバーペースだ」と指摘されるようなハイラップで逃げて、それで自らがどこまで残れるか、という競馬ばかりしていました。

 その分、成績に波がありましたが、今年の高松宮記念ではイーブンペースで勝利。"逃げ方"に幅が出てきて、競走馬として確かな成長を遂げています。今回も先手を取ると思いますが、どんな"逃げ方"を見せるのか、注目されます。

 3頭目は、重賞6勝のダノンスマッシュ(牡5歳)。現在のスプリント界でトップクラスの力があることは明らかですが、GIだけは勝てていません。前哨戦のGIIセントウルS(9月13日/中京・芝1200m)は、貫録勝ち。そのレースぶりからして、いつGIを獲っても不思議はないと思うのですが......。

 ダノンスマッシュは、末脚勝負のグランアレグリアとも、逃げ一辺倒のモズスーパーフレアとも違って、自在性とレース巧者ぶりが武器と言えます。他に行く馬がいなければ、自らが逃げることもできますし、ペースが速いとみれば、控えての競馬もできます。この辺りがかみ合えば、GIでも十分に勝ち負けできると思います。

 当日は、おそらくこの3頭が人気を集めると見ています。キャラクターも、レースでの戦法も異なる3頭ゆえ、流れ次第でどの馬にも勝利のチャンスが巡ってくるでしょうが......個人的にこの中で最も期待しているのはどの馬か? というと、グランアレグリアです。

 何と言っても、ポテンシャルの高さが魅力。デビューから3歳春までのスピード感あふれる走りも秀逸でしたが、長期休養からの復帰戦、阪神Cの勝ちっぷりを見て、「これは、短い距離にシフトしていけば、すごい成績を残せるかもしれないぞ」と、強く感じました。

 高松宮記念では、初めてのスプリント戦で、しかも道悪だったことで、前半はついていけませんでしたが、最後は後方から強襲してハナ差の2着。1位入線のクリノガウディーをはじめ、1着モズスーパーフレア、3着ダイアトニックを含め、上位4頭はどれも素晴らしい競馬を見せましたが、そのなかでも一番凄味のある走りをしていたのは、グランアレグリアだと思っています。


スプリンターズSでGI2勝目を狙うミスターメロディ

 さて、今年のスプリンターズSの「ヒモ穴馬」には、GI馬ながら人気の盲点になっているミスターメロディ(牡5歳)を取り上げたいと思います。

 昨年の高松宮記念の勝ち馬で、何となく「左回りのほうがうまい」というイメージを持たれていますが、昨年のスプリンターズSでも4着と健闘しています。パワータイプなので、中山の急坂や、やけに時計のかかっているこの開催の馬場も合っているのではないでしょうか。

 今年の春は、ドバイ国際競走が急きょ中止。予定が狂って不完全燃焼となりましたが、立て直してきた前走のセントウルSでは3着と力を示しました。勝ったダノンスマッシュには完敗といった内容でしたが、ミスターメロディは叩いてよくなるタイプ。今度は、差を詰められると思います。

 そして、鞍上が福永祐一騎手というのが頼もしい限りです。サマージョッキーズシリーズで優勝を飾り、先週のGII神戸新聞杯でもコントレイルとのコンビで圧巻の競馬を披露しました。全国リーディングでは、クリストフ・ルメール騎手、川田将雅騎手に次ぐ3位ですが、今最も勢いがあるのは、福永騎手でしょう。

 今回は、自らが重賞を勝たせたレッドアンシェル(牡6歳)も出走しますが、福永騎手はミスターメロディとのコンビ復活を選択しました。そうなると、GI馬ですし、ますます侮れません。人気3頭に割り込む筆頭候補だと思いますし、一発の期待も膨らみます。

ジャンルで探す