冨安、不安なくプレー=サッカー日本代表

冨安が久々の代表戦ではつらつとプレーした。出場は昨年11月、アジア最終予選のオマーン戦以来。前半は吉田とセンターバックを組み、後半はアーセナルで務める右サイドバックに入った。今季は脚のけがから復帰後、所属クラブでは出場時間が限られていたが、フル出場した。
6月の代表活動には参加したものの、ほとんどの時間を個別でのリハビリに費やした。「ゼロで抑えて勝てたのでよかった。与えられたところでしっかりチームに貢献するだけ」。淡々とした口ぶりにも、充実感があふれた。(デュッセルドルフ時事)

ジャンルで探す