日大三島、失策に泣く=高校野球

静岡大会6試合で2失策だった日大三島の守りが、3点リードの四回に崩れた。1死一、三塁から遊撃手がトンネル。次打者の適時打を挟んで、なお一、三塁では、捕手の三塁けん制が走者に当たって悪送球となり、追い付かれた。「自分たちが点を取ってつくった流れを、相手に渡してしまった」とエースの松永。六、八回も失策が失点につながった。
3年生の入学と同時に就任した永田監督の下で春夏連続で甲子園に出場したが、ともに1回戦敗退。松永は「甲子園で勝つことは後輩に託したい」と話した。

ジャンルで探す