【元白鵬・宮城野親方の目】王鵬しっかり当たって、まわし取らせず

王鵬(右)は、はたき込みで豊昇龍を破る(カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽九州場所12日目(24日・福岡国際センター)

 西前頭13枚目・王鵬が関脇・豊昇龍との同学年対決を制し、2敗でトップに並んだ。第48代横綱・大鵬を祖父に持つホープが、第68代横綱・朝青龍を叔父に持つ豊昇龍に快勝し、10勝目。2敗を守った東前頭筆頭・高安と合わせ、3人が並んだ。1差で大関・貴景勝、平幕の阿炎と輝の3人が追走。この日で年6場所全てで異なる優勝力士となることが確定した。31年ぶり3度目の珍事が起こった年を象徴するように、一年納めの場所も大混戦となった。

 * * *

 王鵬は今場所のいい流れのまま、しっかり当たっていきましたね。相手が役力士であるなどの気負いは感じませんでした。しっかり当たった分、左のおっつけ、ハズが効きました。右手も相手の肩、顎の下などに入り、豊昇龍は右も左も差せず、まわしも取れない状態となっていました。

 豊昇龍も当たりは悪くありませんでしたが、次の攻め手が出ませんでした。140キロの自身より、相手の方が36キロも重いですから、圧力の差が出ます。そこで慌てて出たところに、両者に隙間ができました。その瞬間と、王鵬が頭を押さえつけ気味にはたき込んだタイミングが合う形となりました。豊昇龍は頭を下げて出て行ったことも、敗因の一つだったと思います。差す相撲でしたら、頭が無理に下がらずに、いなされても、はたかれても対応できたかもわかりません。

 今場所は、王鵬の顔が本当に落ち着いて見えます。対する豊昇龍は、この一番では硬さを感じました。大鵬関を祖父に持つ王鵬と、朝青龍関を叔父に持つ豊昇龍。幕内では初対戦ということで歴史が動きました。これから何十回も対戦していくでしょうし、いいライバルになっていくでしょう。(宮城野親方=元横綱・白鵬、スポーツ報知評論家)

ジャンルで探す