平野美宇、フルゲームの激闘制して4回戦進出…世界卓球

平野美宇(国際卓球連盟提供)

◆卓球 世界選手権個人戦第3日(25日・米ヒューストン)

 女子シングルス3回戦で東京五輪団体銀メダルの平野美宇(日本生命)は、世界ランク54位のバラージョバ(スロバキア)を激戦の末、4―3のフルゲームで下した。

 平野は1回戦から2試合連続ストレートで勝ち上がったが「4―0で勝ててることはすごくいいことだと思うけど、どんどん相手の選手も強くなっていく。しっかり次に向けて準備したい」と気を引き締めて臨んだ。バラージョバと3月のWTTコンテンダーでも対戦し、3―1で勝利していたが、この日は相手のサーブに苦しみ、攻めきれない展開が続いた。それでも最終ゲームは強気のチキータを連発。11―7で制し、笑顔でガッツポーズを見せた。

 4回戦は五輪女王の陳夢(中国)とヌッテ(ルクセンブルク)の勝者と対戦する。

ジャンルで探す