伊藤美誠、約8か月ぶりの国際大会へ出発「どんなことでも対応できるように準備」

出発前にオンライン取材に応じた伊藤美誠(スターツ提供)

 卓球女子世界ランク2位で東京五輪代表の伊藤美誠(19)=スターツ=が18日、11月に中国で再開される国際大会に向けて成田空港を出発した。国際大会はコロナ禍で3月中旬を最後に中断していた。出発前にオンラインで報道陣の取材に応じ、「(再開が)決まった時はすごく久々に試合をするので、楽しみというのが一番最初に来た。私らしく楽しんで、たくさんの選手と試合ができるようにしたい」と意気込んだ。

 伊藤は11月8~10日の女子W杯、19~22日のITTFファイナルに出場予定。普段の国際大会とは異なり、現地での隔離期間などを考慮して早期の入国を求められ、数日前まで現地での練習環境なども不透明な状況が続いていた。日本協会関係者によると、長期の隔離で十分な調整ができない可能性も高いという。「試合だけに集中したいというのは正直ある。どんなことでも対応できるようにしっかり準備はしていますが、不安もあります」と率直な心境も明かした。

 現地入り後の21日には20歳の誕生日を迎える。「あまり実感はないですけど、でも一日一日を楽しみながら、二十歳になっても私らしくいたい」。そう抱負を語った伊藤は「おいしいお酒を飲んでみたい。中国でいい試合をして、日本で乾杯をしたいなと思ってます」。初めての勝利の美酒を思い描き、中国へ向かった。

ジャンルで探す