沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

山本浩未「ハレの日から家にこもる日まで、松竹梅レベル別 新・ベースメイク論」【松の巻】

化粧は「大人のたしなみ」、すっぴんは恥ずかしい……。そんなふうに考えている人は案外多いかもしれません。 けれどベースメイクをすることは、自分の肌を守ることであり、自信を取り戻すためのツールでもあるのです。そこで、ハレの日「松」、外出の日「竹」、家で過ごす日「梅」というシチュエーションに合わせた肌づくりを提案し、大人におすすめのアイテムを紹介。疑問や悩みにも答えます。第3回は「松」編です(イラスト=別府麻衣 文・構成=片岡えり)

* * * * * * *

この記事のすべての写真を見る

ドレスアップするハレの日には、
丁寧にエイジレスな肌仕上げを

とっておきの洋服を着て髪を念入りにセットした日は、肌もドレスアップ。

「下地で土台を整えてから、美容成分たっぷりのリッチなクリームやリキッドでハリとツヤを演出して。

仕上がりを見て、どうしても気になる影や色ムラがある場合は、コンシーラーで消し去りましょう」。

 

クリームファンデーション

ごわつく肌や乾燥肌にもしっとりフィットし、女性らしい艶やかさを演出するクリームタイプ。
カバー力がありつつ、豊かな輝きでイキイキした印象に見せます

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

コンシーラー

隙のない肌に仕上げたい時は、目の下の影や小鼻の色ムラをカバー。
ファンデーションを塗った後にコンシーラーを薄くトントン

ーーーーー

ーーーーー

リキッドファンデーション

美容液成分を含み、みずみずしい使用感が心地いいリキッドタイプ。
薄膜が叶える、きちんと感と素肌っぽさの両立が魅力です

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

Q&A

【Q】化粧直しで浮かない方法は?

「パウダーファンデーションを重ねるとメイク感が出すぎる傾向に。疲れの影を潤うバームで補整し、Tゾーンは皮脂を抑えてからフェイスパウダーをふわっと重ねます」

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です

ジャンルで探す