緊急事態宣言 沖縄を除き20日で解除

山本浩未「ハレの日から家にこもる日まで、松竹梅レベル別 新・ベースメイク論」【梅の巻】

化粧は「大人のたしなみ」、すっぴんは恥ずかしい……。そんなふうに考えている人は案外多いかもしれません。 けれどベースメイクをすることは、自分の肌を守ることであり、自信を取り戻すためのツールでもあるのです。そこで、ハレの日「松」、外出の日「竹」、家で過ごす日「梅」というシチュエーションに合わせた肌づくりを提案し、大人におすすめのアイテムを紹介。疑問や悩みにも答えます。第1回は「梅」編です(イラスト=別府麻衣 文・構成=片岡えり)

* * * * * * *

この記事のすべての写真を見る

肌のタイプによって悩みはさまざま 

「ベースメイクは欠かせません。朝はクリームファンデで仕上げて、部分的にフェイスパウダーを重ね、化粧直しはプレストパウダーで。
重視するのはカバー力と崩れにくさですが、マスクでファンデがすぐ落ちてしまうのが悩み」

「週6日は必ず化粧をします。
BB、色付き下地、リキッドファンデーションをTPOに合わせて使用。
素肌っぽさ、カバー力、透明感を重視。
今使っているものが肌質や肌色に合っているのかわからない。
混在する肌悩みを1つのファンデーションでカバーする方法を知りたい」

「化粧は外出時や来客時のみ。
日常とドレスアップするときでファンデーションを使い分けています。
優先順位は、素肌っぽさ、透明感、カバー力。
塗ったときの厚化粧感や、時間が経った時のヨレやテカリに不満が」

「毎日メイクをします。肌の調子によって、BB、フェイスパウダー、クッションファンデを使い分け。
選ぶ基準は、仕上がりのツヤ感、スキンケア効果、カバー力。
肌色に合うアイテムを見つけるのが難しい」

山本浩未の格言・ベースメイクの極意とは】

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

【梅の巻】家の中では、スキンケア感覚で自然に肌補整

予定のない休日や、家の中で過ごす日は、「ラフな洋服に合わせて、肌にもストレスフリーなベースメイクを。化粧水や美容液の後に直接塗れるBBやCCクリームは、肌色のスキンケアクリームのようなもの。人に会わなくても自分のためにスイッチオン」。(山本さん。以下同)

Q&A

【Q1】ファンデーションの色選びが難しい

「若い頃は首の色が基準。でも、大人が首の色に合わせると顔が沈んで見えるため、やや明るめを選んで。頬や顔の中心から塗ってフェイスラインは薄くぼかす程度に仕上げれば、首色ともなじみ自然な立体感が生まれます」

【Q2】マスク着用でも崩れにくいベース作りは?

「塗りムラや厚塗りは崩れの原因に。下地とファンデーションを薄く塗った後に、何もついていないスポンジでポンポンと押さえましょう。または、仕上げにティッシュで余分な油分をオフしても」

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

BB&CCクリーム

肌を潤すスキンケア効果、紫外線ダメージから守る効果に、ナチュラルなメイク効果が加わった一石三鳥のアイテム。忙しい朝の救世主で、手軽にヘルシーな美肌に

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

フェイスパウダー

肌表面をすべすべ、サラサラに整えるフェイスパウダーは春夏に欠かせません。

ベースメイクの仕上げに使えば、午後の皮脂崩れを防ぎ、外出先の化粧直しにも大活躍

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

ーーーーー

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です

ジャンルで探す