沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

ヘアカラーを安全に楽しむためのセルフケア【山本浩未のアドバイス】

ヘアカラーを安全に楽しむためのセルフケア

早い人では30代から現れる白髪。ヘアカラーで染め続ける人も少なくありません。いつまでもトラブルなく白髪を染めるために、頭皮ケアとアフターケア、手軽でダメージの少ないセルフカラーを取り入れましょう
(文・構成=片岡えり)

* * * * * * *

頭皮のコンディションを整える

カラーリングのダメージを受けにくくするためにも、白髪や抜け毛を防ぐためにも、頭皮を健康な状態に保つことが大前提です。1~2日に1回のシャンプーで皮脂や老廃物を洗い流すだけでなく、頭皮用美容液で保湿して乾燥を防ぎ、優しいマッサージで血行促進も心がけて。美容院で定期的に頭皮を確認してもらうのも大事です。

ーーーーー

ーーーーー

お出かけの際に白髪をリタッチケア

あっという間に根元が伸びて主張する白髪。外出前や人と会う時には、ピンポイントでリタッチをしましょう。生え際や前髪はコームやブラシタイプで繊細に、自分では見えにくいつむじや分け目など広範囲のカバーには、地肌も一緒にパウダーでうっすら染めるのがおすすめ。

ーーーーー

ーーーーー

短期間、白髪を色でコーティングするヘアマニキュア

黒髪の色素を脱色せず、染料が髪表面をコートするように染めるヘアマニキュア。パッチテストは不要ですが、黒髪は明るくならず、シャンプーのたび、徐々に色が落ちて数週間で元の髪色に戻ります。

ーーーーー

ーーーーー

自然に白髪をぼかすヘアカラートリートメント

シャンプーの後、水気を取った髪にトリートメント感覚で使えるのが魅力です。1回ではしっかり染まらないものの、初心者でも失敗が少なく、とにかく手軽。髪のケア効果も期待できます。

ーーーーー

ーーーーー

カラーの持ちを良くするアフターケアシャンプー

染料が髪内部に定着するまで時間を要するため、染めた日は髪を洗わないほうがいいでしょう。また、染めてから数日は、色の流出を防ぎキューティクルを引き締めるカラーヘア用のシャンプーを。

ーーーーー

ーーーーー

ジャンルで探す