『Red Bull BC One Cypher Japan 2022』FINEPLAY編集部がアツかったバトルをPICK UP!

去る2022年9月25日に山口県下関市の海峡メッセ下関にて、世界最高峰のダンスバトル「Red Bull BC One」の日本最終予選、『Red Bull BC One Cypher Japan 2022』が行われた。BBOY部門ではISSIN(Body Carnival)、BGIRL部門ではYURIE(Qween of Qweenz)がそれぞれ優勝し、11月にニューヨークで行われる世界最終予選 Red Bull BC One Last Chance Cypher の出場権を手にした。

参加したBBOY:16名、BGIRL:8名 ベテランから若手までが集い、一回戦から決勝までどのバトルも途切れることない熱量でバトルが繰り広げられた。中にはチームメイト対決や師弟対決、因縁のリベンジマッチなど大注目のカードが目白押しとなった。

そこでFINEPLAY編集部ではアツかったバトルをピックアップして解説します!
もう一度 BC Oneを一緒に振り返って余韻に浸ってみませんか?

BBOY TOP16 KAKU vs Steezyskee

Suguru Saito / Red Bull Content Pool

間違いなくTOP16の中で会場をロックしたのはこの2人のバトルであろう。
福岡予選を制したレペゼン北海道・函館のBBOY Steezyskee VS 大阪予選を制し、KOSÉ 8ROCKSのディレクターも務めるBBOY KAKUの戦い。
現地で観戦、または配信をご覧になっていた方はもちろんご存じだと思うが、正にスタイルウォーズの戦い。両者の貫くスタイルが織りなす最高のバトルが展開された。

BBOY KAKUはヘッドスピンや2000などのハイレベルなパワームーブを自在に操り唯一無二なスタイルを展開。飽きさせることのないスピン系のムーブの中で、ラストラウンドはお馴染みの一点倒立でフリーズを決めた。

対するSteezyskeeはスタイリッシュな動きと、ダイナミックなパワームーブの組み合わせでフレッシュなムーブを展開。時折見せてくるコンセプトムーブや、ビートに乗ったステップなど、余裕すら感じさせる立ち振る舞いで会場の雰囲気を掴んでいく。

Jason Halayko / Red Bull Content Pool

何よりこのバトルにおいて盛り上がった点は、スタイルの違う両者が展開するバトル独特の掛け合いであった。相手が提示したアクションに自らのスタイルで返す、というバトルではごく当たり前の要素が、より分かりやすく観客にダイレクトに伝わるようなバトルとなった。

ジャッジは2:1の僅差でBBOY KAKUに軍配が上がったが、会場からは大きな拍手が2人に送られた。惜しくも敗退してしまったSteezyskeeも、会場をロックし観客の心に残ったことは言うまでもないだろう。

Jason Halayko / Red Bull Content Pool

今年は既に Last Chance Cypher含めた Red Bull BC One World Finalを残すのみとなったが、Japan Cyperでも多くのドラマが生まれ、また新たな歴史が刻まれた。

それぞれが持つスタイル・ライフスタイルを提示しステージ上で相手と対話する瞬間は、BREAKINGのみならずダンスバトルの醍醐味の一つだ。
きっと来年もまた新たなドラマが生まれ、新たなスターが誕生するであろうRed Bull BC One Japan Cypher に引き続き注目していきたい。

The post 『Red Bull BC One Cypher Japan 2022』FINEPLAY編集部がアツかったバトルをPICK UP! first appeared on FINEPLAY.

ジャンルで探す