「東京オリンピック」男子優勝オッズ、悲願の金メダルを狙うジョコビッチが1番人気

2020年「ATPカップ」でのジョコビッチ

いよいよ開催となる「東京オリンピック」(日本・東京/7月24日~8月1日/ハードコート)。世界中が注目する、今年の金メダリストは誰なのか、気になる優勝予想のオッズをテニス関連ニュースサイト TENNIS TONICが伝えている。

男子シングルスのオッズの1番人気は、年内4つのグランドスラムとオリンピックの全てで優勝する“年間ゴールデンスラム”達成の期待がかかるノバク・ジョコビッチ(セルビア)。グランドスラム3連勝中と今季絶好調だが、過去3度出場した「オリンピック」での成績はイマイチ。2008年北京大会で銅メダルを獲得したものの、2012年ロンドン大会では4位、2016年リオデジャネイロ大会ではまさかの1回戦敗退と、表彰台を逃し続けている。


ラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)、さらにジョコビッチが「オリンピック」で2度負けているメダリストのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)など、多数の有力選手が出場を辞退した今大会。ジョコビッチにとっては金メダル獲得の大きなチャンスと言えるだろう。「僕は、東京(オリンピック)で最も強い野心を抱いているよ。僕が金メダルを狙っていることは秘密じゃないさ」と語っている。


ロンドン、リオデジャネイロ大会に続く3連覇を狙うアンディ・マレー(イギリス)は、人気12番目。元世界1位だが、現在はランキング100位を下回っている。しかし、誰よりもオリンピックでの経験を積んでいるマレーに期待する人も少なくないようだ。


そんなジョコビッチとマレーの間、2番人気から11番人気までの選手は、すべて今回が初の「オリンピック」となる選手たち。世界ランキング2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)が2番人気、「全仏オープン」決勝でジョコビッチに敗れるも健闘したステファノス・チチパス(ギリシャ)が3番人気となっている。また、20歳のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)が6番人気となっており、若手選手にも期待が集まっているようだ。


各選手のオッズは以下の通り(7月22日時点)。


ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 1.72倍


ダニール・メドベージェフ(ロシア) 4.75倍


ステファノス・チチパス(ギリシャ) 6.50倍


アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 13.00倍


アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 21.00倍


フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 29.00倍


アスラン・カラツェフ(ロシア) 34.00倍


カレン・ハチャノフ(ロシア) 41.00倍


ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 51.00倍


フベルト・フルカチュ(ポーランド) 51.00倍


ユーゴ・アンベール(フランス) 51.00倍


アンディ・マレー(イギリス) 67.00倍


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「ATPカップ」でのジョコビッチ
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

ジャンルで探す