【速報】フェデラーが第4セットを取り、ジョコビッチとの決勝は最終セットへ[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのフェデラー

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会最終日、男子シングルス決勝で同大会8度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)が4度優勝・前年優勝者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。第4セットはフェデラーが6-4で取り、セットカウント2-2とした。

第4セットはジョコビッチのサービスゲームから。第3セットを落とし、セットカウント1-2と追い込まれたフェデラーだが、ジョコビッチを勢いづかせないよう、丁寧なプレーでサービスゲームをキープしていく。


そして第5ゲームで15-30としたところでフェデラーがジョコビッチのショットに対してチャレンジを申請。これがほんのわずかアウトとなり、2本のブレークポイントを握ると、落ち着いてブレークに成功。ゲームカウント3-2とした。


ブレーク直後の第6ゲームでは見事なドロップショットなどを駆使してラブゲームでキープすると、続く第7ゲームでまたもブレーク。一気にリードを広げた。


フェデラーはサービング・フォー・ザ・セットとなった第8ゲームで、この日初となるブレークポイントを握られた。35本のロングラリーを制してなんとかしのいだが、デュースの末にブレークを喫し、1つ返されてしまう。


しかし、2度目となるサービング・フォー・ザ・セットではジョコビッチの反撃を許さず、6-4で第4セットを取ってセットカウント2-2とした。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第5セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのフェデラー
(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ジャンルで探す