緊急事態宣言 11都府県に拡大

松島輝空、張本越えならず…準々決勝敗退「まだまだレベルが足りない」

 準々決勝で敗れ、タオルで顔を覆う松島輝空(撮影・高部洋祐)

 準々決勝で敗れ、タオルで顔を覆う松島輝空(撮影・高部洋祐) (C)デイリースポーツ

 「卓球・全日本選手権」(14日、丸善インテックアリーナ大阪)

 ジュニア男子準々決勝で、前回準優勝の松島輝空(13)=木下グループ=は篠塚大登(愛工大名電高)に2-3で敗れ、中学2年時の張本智和を超える史上最年少優勝はならなかった。松島は一般の部・男子シングルスでは岡野俊介(愛工大名電高)に0-3で苦杯。前回と同じ3回戦で散った。ジュニアの部は、男子は浜田一輝(愛工大名電高)が初優勝した。

 ジュニアでの史上最年少優勝がかなわず、松島は悔し涙をタオルでぬぐった。準々決勝は「勝ったことがない」という篠塚に苦戦。第3ゲームを終えて2-1とリードしたが、第5ゲームで7連続得点を許すなど精彩を欠いて逆転負けした。「自分のできるプレーは全て出した。相手が強かった」と肩を落とした。

 前回大会は小学6年ながら準優勝。今大会で優勝すれば、張本智が持つ史上最年少記録の「14歳205日」を超える「13歳260日」となっただけに「悔しかった。まだまだレベルが足りない」。練習してきたフォアハンドも「まだまだ」と厳しい顔だった。

 一般の部も3回戦で敗退した。今後に向け「大会があったらいい成績を残せるように頑張ります」と成長を誓った。

ジャンルで探す