【ローズS】リアアメリア 放牧効果で躍動 川田手応え「調教の雰囲気すごくいい」

 軽快に駆け抜けたリアアメリア

 軽快に駆け抜けたリアアメリア (C)デイリースポーツ

 「ローズS・G2」(20日、中京)

 オークス4着後、リフレッシュされたリアアメリアが16日、栗東芝で躍動。馬なりだったため5F70秒4は強調できる数字ではないが、ラスト1F11秒6は出色だ。

 騎乗した川田は「順調に夏を過ごせた感じですね。丁寧にここまで積み重ねられている。調教の雰囲気はすごくいいので、あとは競馬でそれを出せればいいですね」と確かな手応えを感じ取った様子。デビュー2連勝を飾った時はクラシックの最有力候補だったが、阪神JFで6着に終わると、桜花賞でも10着に大敗。しかし、オークスでは外から鋭く伸びて4着と復活の兆しを示した。中内田師は「阪神JFと桜花賞は競馬にならなかったが、オークスでは競馬ができた」と胸をなで下ろす。

 「体もしっかりと増えて大きくなって帰ってきてくれた。もともと見栄えのする女の子ですが、さらに良くなっています。次につながる内容で向かいたいですね」と指揮官は好勝負を期待。女王デアリングタクトを阻むためにも、圧倒的な強さでトライアルを突破してみせる。

ジャンルで探す