NFLブリーズが5・5億円寄付 米国は中国を抜いてコロナ感染者数世界最多に

 ドリュー・ブリーズ

 ドリュー・ブリーズ (C)デイリースポーツ

 NFLの通算最多タッチダウンパスなどの記録をもつセインツのQBドリュー・ブリーズ(41)が26日(日本時間27日)、自身のインスタグラムでチームの本拠地があるルイジアナ州に500万ドル(約5億5000万円)を寄付すると発表した。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米東部時間26日午後6時(同27日午前7時)現在、米国の新型コロナウイルス感染者数は8万2404人で中国とイタリアを抜いて世界最多。死者は1000人を超えている。ルイジアナ州でも感染拡大のスピードは加速する一方で、感染者数は国内で7番目に多い2304人。死者は同3番目の83人。州最大の都市でセインツの本拠地ニューオリンズでは日本とほぼ同数の46人が死亡している。

 セインツではショーン・ペイトン監督(56)が19日(同20日)に新型コロナウイルス検査で陽性反応があったことを公表している。

 ブリーズは01年にチャージャーズでプロデビューし、06年にセインツへ移籍。09年にスーパーボウルを制し、自身はMVPを獲得した。通算547タッチダウンパスと通算7万7416パッシングヤードはいずれも歴代1位。一部の米メディアは今オフにセインツと2年5000万ドル(約55億円)で契約を延長したと伝えている。

ジャンルで探す