大相撲 五輪開催時期の国技館使用は本場所優先「どいてくれと言われても無理」

 日本相撲協会の理事会に臨む八角理事長(左から2人目)ら(代表撮影)

 日本相撲協会の理事会に臨む八角理事長(左から2人目)ら(代表撮影) (C)デイリースポーツ

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、夏場所(5月10日初日、両国国技館)に関し意見を交わした。新型コロナウイルス感染拡大が収まらず、春場所同様の無観客開催や、観客数を減らし、濃厚接触のリスクを軽減する案が出た。チケット販売の方法も話し合われた。

 理事会では東京五輪の延期に関しても話し合った。両国国技館はボクシング会場として使用予定となっているが、仮に5、9月の本場所開催時期に五輪が重なった場合は本場所を優先。「本場所の時に貸してくれと言われても困る。5月に(五輪を)やるからどいてくれと言われても無理」と芝田山部長は話した。また8月12、13日に国技館で予定していた「東京2020オリンピック・パラリンピック場所」は中止になった。

ジャンルで探す