長谷川穂積が考案「親子でできる簡単トレ」 全身を上手に使ってお尻で歩く「お尻歩き競争」

 お尻を交互に動かして前進!

 お尻を交互に動かして前進! (C)デイリースポーツ

 子どもたちは休校、大人はテレワークと、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で私たちの行動範囲は大きく変わった。デイリースポーツ・ボクシング評論「拳心論」でおなじみの元3階級制覇王者・長谷川穂積氏(39)が親子でできる簡単トレーニングを考案した。現在、神戸市内でボクシング&フィットネスジムを経営する元チャンプのメソッドを10回にわたって紹介する。第4回は「お尻歩き競争」に挑戦。お尻を使って全身をバランスよく鍛える運動です。「デイリースポーツオンライン」では動画も公開しています。

  ◇   ◇

 足を使わずお尻で歩くには、全身を上手に使わなければなりません。普段は使えていない筋肉も使うので、短い距離でも意外に大変ですが、親子やきょうだいで競争すれば楽しくやれますよ。

 (1)壁に向かって2メートルほどのところに2人が横に並んで床に座る。

 (2)お尻をついて両足を宙に浮かせて「ヨーイ・ドン」。

 (3)両手を振って勢いをつけ、左右のお尻で前進。

 (4)壁にタッチしてそのまま後退。早く元の場所にゴールした方が勝ち。

 お尻で前進する時と後退する時は、使う筋肉が違います。僕は後退は速いのですが、なぜか前へはなかなか進みません。距離はお子さんの体力に合わせて短くしても長くしてもOKです。

(28日は「ヒップアップジャンプ」)

ジャンルで探す