豪栄道が休場 左足首じん帯損傷などで全治8週間

豪栄道

豪栄道 (C)デイリースポーツ

 「大相撲九州場所・2日目」(11日、福岡国際センター)

 初日遠藤(追手風)戦に敗れた際、左足首を負傷した大関豪栄道(33)=境川=が2日目の11日から休場した。日本相撲協会に「左足関節じん帯損傷(前脛腓じん帯損傷、前距腓じん帯損傷、骨間幕損傷)で全治8週間を要する見込み」との診断書を提出した。

 休場は7月の名古屋場所以来10度目。来年1月の初場所は9度目のかど番となる見通し。初日から休場した横綱鶴竜(陸奥)に続き、残念な大関の離脱となった。

 2日目に対戦予定だった隠岐の海(八角)は不戦勝になる。

 また十両一山本(二所ノ関)も休場を届け出た。「右膝関節捻挫で3日間の安静加療を要す」との診断書を提出した。

ジャンルで探す