新日本G1・EVIL、左足首負傷の飯伏を粉砕「大爆発させてやったぞ」

飯伏幸太(左)のサソリ固めを決めるEVIL=大田区総合体育館

 「プロレス・新日本」(14日、大田区総合体育館)
 真夏の祭典「G1クライマックス」Aブロックの2戦目が行われ、EVILが前年準優勝の飯伏幸太を破って初勝利を挙げた。
 EVILは、6日に米国で行われた開幕戦で左足首を痛めた飯伏に、“暗黒”SCORPION DEATH LOCK、雪崩式脳天砕きなどで容赦なく攻め込む。痛みに耐えて繰り出す飯伏のムーンサルトプレス、ボマイェなどに苦しめられたが、最後はカミゴェをかわして頭突き、ラリアット、ダークネスフォールズをたたみ掛け、EVILで3カウントを奪った。
 難敵を突破したEVILは試合後、「言った通りだ、この野郎。大爆発させてやったぞ。飯伏、少しは意識したんじゃねえか。このまま優勝してやるよ。よく覚えとけ!」と鼻息荒く優勝宣言。一方、2連敗の飯伏は「全然足は痛くないです」と強がりながら、「本当に言うことがない。あと全部勝つしかないんで。もう、でも試合は終わったんで。次、まだあきらめてないです。チャンスはあるはずです」と、自分に言い聞かせるように話した。

ジャンルで探す