張本&早田ペアが中国1位&女王ペアを撃破 息ぴったりも…ハイタッチは合わず爆笑

中国ペアを破って歓喜のタッチを交わすも、うまくタイミングが合わない早田ひな(左)と張本智和

 「卓球・荻村杯ジャパン・オープン」(15日、北海きたえーる)
 混合ダブルス準決勝が行われ、張本智和(15)=木下グループ=、早田ひな(18)=日本生命=組は、世界選手権銅メダルの樊振東、丁寧組(中国)と対戦し、3−1で勝って決勝進出を決めた。
 結成2大会目の“はりひな”ペアが殊勲の勝利を挙げた。樊振東は男子シングルスで世界ランク1位で、丁寧は女子シングルスでリオデジャネイロ五輪金メダルと個人としては世界最強同士。そんな大物ペアにも2人は臆することなく持ち味を発揮し、いきなり2ゲームを連取。1ゲームは取り返されたものの、最後は早田が強烈なフォアハンドで試合を決めた。
 プレーでの呼吸はバッチリだったが、歓喜の儀式では“呼吸”が合わなかった。
 張本は男子ダブルスの盟友・木造勇人とするように、反射的に両手で抱擁しかけたが、相棒は年上の女子選手とあって慌てて片手でのハイタッチに“軌道修正”した。しかし、タイミングが合わず失敗。張本は気まずそうに苦笑いし、早田は爆笑しながらも、もう一度タッチをやり直して喜びを分かち合った。
 ツアー初優勝を懸けて、決勝では許シン、朱雨玲組(中国)と対戦する。

ジャンルで探す