稀勢の里「初日は全力を尽くす」御嶽海との一番へ気合

土俵祭を終え、退場する稀勢の里=両国国技館(撮影・棚橋慶太)

 「大相撲初場所」(13日初日、両国国技館)
 初場所初日を翌日に控えた12日、東京・両国国技館で15日間の安全を祈願する土俵祭りが行われ、右膝負傷で先場所を途中休場し進退の懸かる横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=ら三役以上の力士、協会幹部らが参加した。
 10場所ぶり東正横綱に就く稀勢の里は両隣に白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)と両横綱に挟まれ中心。場所前恒例の儀式に目を閉じ、静かに座っていた。
 帰り際に取材に応じ「いよいよですね。初日は全力を尽くす感じはある。(気持ちは)普通通り」と静かに闘志を高めていた。
 初日に迎えるのは小結御嶽海(出羽海)。6勝1敗と好相性だが、12場所連続で三役に座る大関候補。難敵を相手の初日へ「一日一番やる。しっかりやる」と力を込めた。
 横綱昇進後、出場した7場所で初日黒星発進した5度はすべて途中休場に追い込まれている。逆に初日白星の2度は13勝で優勝、10勝と2桁勝利。
 初日が大きなカギを握ることを問われると「(15日間)全部大事だと思う。しっかりと流れを作っていく」と、集中した。

ジャンルで探す