「ザギトワが王位を失う」露メディア衝撃もタラソワ氏は擁護「いつも1番にはなれない」

アリーナ・ザギトワ(撮影・國島紗希)

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)
 女子フリーが行われ、SP2位の平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=はフリー2位の148・60点、合計226・53点で、2位に終わった。SP1位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、フリー1位の150・61点をマーク。トータルでは今季ベストの233・12点で初優勝を果たした。GPシリーズ参戦初年度でファイナルを制したのは、日本勢では05年の浅田真央以来の快挙となった。
 自国の女王が頂上決戦で敗れたことを、ロシアメディアも大きく報道。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」は、「ザギトワが王位を失った。素晴らしい日本の女性がそれを奪い去っていった」と見出しで報じ、「連続ジャンプのミスの後、集中して戦ったが、勝つには完ぺきでなければならなかった」と、厳しい戦いを総括した。紀平については「ロシア選手の構成は紀平を超えられない。技術点で優位に立ち、構成点も五輪チャンピオンとほぼ同等になっている」と、その成長に舌を巻いた。
 ちなみに、フリーの採点を比較すると、紀平の技術点は78・21点、演技構成点は72・40点。ザギトワは技術点で75・90点と紀平より2・31点低く、演技構成点は72・70点と0・30点しか違わずほぼ互角だった。
 浅田真央らも指導した同国の名コーチ、タチアナ・タラソワ氏のコメントも掲載。ザギトワについて「いつも1番にはなれない。彼女のプログラムはもっと面白くなっていく」と、思いやった。一方で紀平についても「強力な技術基盤を持つライバルができた」と、称賛していた。

ジャンルで探す