紀平の下の世代、ジュニアで驚異の演技構成…ロシア勢2人4回転ルッツ果敢に挑戦

初出場で初優勝した紀平梨花だが早くも下の世代が…(撮影・國島紗希)

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)
 ジュニア女子フリーが行われ、表彰台をロシア勢が独占した。もともと出場6人中5人がロシア勢、もう1人が韓国のキム・イェリンという顔ぶれだった。優勝はアリョーナ・コストルナヤ(15)でフリー141・66点、合計217・98点。2位がアレクサンドラ・トルソワ(14)で合計215・20点、3位がアリョーナ・カニシェワ(13)で合計198・14点。トルソワと、5位の5位のアンナ・シェルバコワが2本の4回転ルッツ(コンビネーション含む)に挑んだが、どちらも失敗した。
 ジャッジペーパーによれば、トルソワは冒頭の4回転ルッツで出来栄え点(GOE)-3・45点と減点。続く4回転ルッツからの連続ジャンプは転倒があり回転不足と同一ジャンプの繰り返しにより基礎点6・04点、GOEで-4・32点、合計1・72点となった。
 だがその後、4回転トーループは成功。後半の3回転ルッツ−3回転ループ、3回転ルッツ−オイラー−3回転サルコーの3連続ジャンプと加点を得る出来栄えでまとめた。3本のスピン、ステップシークエンスはレベル4。全体的に果敢な構成で今後が期待される。
 シェルバコワは冒頭の4回転ルッツから連続ジャンプに行くところで転倒、ダウングレードの判定も受け、この要素は2・95点。続く4回転ルッツも転倒し、繰り返し判定により2・30点と得点を伸ばせなかった。
 優勝したコストルナヤは3回転アクセルや4回転ジャンプのない構成だったが、すべてGOEで加点を得て、演技構成点も67・29点と6選手中で最高得点をマーク。フリー141・66点、合計217・98点と両方で自己ベストを更新した。

ジャンルで探す