紀平梨花“真央さんっぽく”トリプルアクセルを表現「グッと跳ぶ」 先輩は「フッて」

優勝し笑顔を見せる紀平梨花=11月10日

 「フィギュアスケート・NHK杯」(11日、広島県立総合体育館)
 女子シングルで、男女通じて日本選手初のGPシリーズ初出場初優勝を飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=が一夜明け取材に応じた。フリーの演技で連続ジャンプ、単独ジャンプを合わせて2本の3回転アクセルを成功させたが、この“伝家の宝刀”を、先輩の浅田真央さんにも通じる言い回しで表現した。
 フリーではSPで転倒したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度組み込む構成を完ぺきに遂行し、フリーで今季世界2位となる154・72点をマーク。総得点も世界2位の224・31点で、SP5位から大逆転で衝撃のデビューV。十分に世界の頂点に届くポテンシャルを示したニューヒロインは「(日本で)誰もやったことのないことをやった実感がない」と、初々しくはにかんだ。
 伊藤みどり浅田真央ら日本女子のエースが歴代継承してきた“伝家の宝刀”トリプルアクセルを駆使するニューヒロイン。トリプルアクセルを跳ぶ際の踏み切りの注意点を問われると「タイミング。踏み切る瞬間に、イメージと足先までグッと」と、説明した。真央さんはかつて宇野昌磨にトリプルアクセルの跳び方を聞かれた際に「フッて跳べば跳べる」と、アドバイスした逸話を持つ。ロマン溢れる3回転半の大技のスペシャリストは共通の感覚を持っているのかもしれない。

ジャンルで探す