春日野親方がNHK「サンデースポーツ」で生謝罪「世間をにぎわして申し訳ない」

春日野親方

 大相撲の春日野親方(元関脇栃乃和歌)が14日、NHK「サンデースポーツ」に生出演し、「世間を大変にぎわせまして申し訳なく思っています」と、一連の不祥事について改めてファンに謝罪した。
 相撲界では、元横綱日馬富士の暴行事件や立行司・式守伊之助による若手行司へのセクハラといった問題が次々噴出。番組で、この日から始まった初場所の解説を務めた春日野親方は司会の杉浦友紀アナウンサーから紹介されると、「解説の前に一言よろしいでしょうか」と前置きすると、「昨年、そして今年と土俵の外で世間を大変にぎわせまして、大変申し訳なく思っております」と頭を下げた。
 この日、初場所の協会あいさつでは日本相撲協会・八角理事長(元横綱北勝海)から騒動についての謝罪の言葉はなかったが、広報部長を務める春日野親方ということもあってか、番組での異例の生謝罪となった。
 春日野親方は「今場所も力士たちは熱い戦いを繰り広げていますので、どうかご声援をいただけますよう、お願い致します」と、神妙な表情を見せていた。

ジャンルで探す