開催地・熊本の小林がMVP Bリーグ・オールスター戦

第4クオーターでシュートを狙う小林(右)=熊本県立総合体育館

 Bリーグのオールスター戦が14日、熊本県立総合体育館で行われ、ファン投票やリーグ推薦で選ばれた選手が2チームに分かれて対戦し、川崎の北卓也ヘッドコーチが率いる「Bホワイト」が、栃木の安斎竜三ヘッドコーチの「Bブラック」を123―111で下した。2度目のオールスター戦は、2016年4月の熊本地震からの復興支援も目的の一つ。ファン投票で選ばれる最優秀選手(MVP)には、Bブラックで18得点を挙げた地元・熊本の小林が選ばれた。

 次回の開催地は富山県。

     ◇

 慣れ親しんだコートで、小林が躍動した。第2クオーター(Q)からコートに立つと、チームメートが小林にパスを回す。「お前が打たなきゃ誰が打つんだというくらいだった」。期待に応え、第2Qだけで5本の3点シュートを決め、3242人の満員の観客を盛り上げた。試合は敗れたが、MVPを選ぶSNS上でのファン投票で、Bリーグが選んだ候補4選手中で過半数の票を獲得した。

 熊本地震直後から、物資の調達や子どもとの交流など支援活動を率先して行ってきた。「僕の活躍で(地震の記憶を)風化させない。復興のシンボルとして輝き続けることが一番大事」と気を引き締めた。

ジャンルで探す