藤井聡太竜王を破ってA級復帰 稲葉陽八段が奨励会時代に「目標にしていた相手」とは

 名人への挑戦権を争う順位戦A級リーグ。今期は藤井聡太竜王が初参加したことでも注目を集めているが、現在2勝1敗と好位置につけているのが藤井竜王と同時にA級へ昇級した稲葉陽八段だ。

【写真】稲葉陽八段の写真をすべて見る

 前々期は武運つたなく、A級から降級の憂き目を見たが、前期のB級1組で9勝3敗の好成績を上げてすぐさま復帰。B級1組では藤井竜王との直接対決も制している。さらには、全棋士参加トーナメントのNHK杯では、3度目となる決勝の舞台にて初優勝を果たした。

 好調が続く稲葉八段にA級復帰の要因などについて聞いてみた。

稲葉陽八段

A級陥落を振り返って

――今期はB級1組からの復帰という形でのA級参戦ですが、改めて順位戦A級を戦うということについてお話しください。

稲葉 B級1組に落ちた時はショックでしたけど、対局数が多いので(A級は9局、B級1組は12局)、対局を重ねていくごとに調子が上がってきた感じです。

 改めて戻ってみると、A級は対局が少ない分、他棋戦で勝たないと実戦を指す機会が増えません。今年度は、年度初めは良かったのですが、最近は負けが込んで対局が減りました。こうなると長い持ち時間の将棋を指す機会が順位戦だけになりかねないので、昨年取り戻した調子や感覚もなくなる心配があります。そこはどうにかしないといけませんね。

――前々期のA級陥落についてはどのようにお考えですか。

稲葉 この年の将棋は、序盤の早い段階で研究から外れる将棋が多かったです。私はもともと、自身の好きな形を突き詰めるタイプの研究が好きなのですが、最近の流れとしては相手の研究をいかに外すかというのがプロ間での主流になっています。作戦の幅が広くなったことに対応できておらず、それを痛感しました。研究でも色々な形を網羅するように心掛けて、以前よりはそれができるようになったと思っています。

すぐの復帰というのはなかなかイメージしづらかった

――前期のB級1組では、同じクラスに藤井聡太竜王もいました。結果として稲葉さんが藤井竜王を破り、またお二人がA級昇級を果たしたわけですが、A級復帰は当初からの目標だったのでしょうか。

稲葉 藤井さんとの将棋は開幕戦を負けての2局目でしたが、その前のA級が5連敗フィニッシュだったので、順位戦トータルでは6連敗という状況でした。対して相手は順位戦で22連勝中。正直、勝つイメージがまったくわきません。ただそれで肩の力が抜けたのが良かったのでしょうが、いい内容の将棋を指せたと思います。研究自体は相手の方が深く、前述した研究を外れてのもろさというのはまだあったころですね。藤井さんに勝ってからも一進一退で序盤は3勝3敗。すぐの復帰というのはなかなかイメージしづらかったです。

――そもそも、稲葉さんは藤井竜王の強さがどこにあるとお考えですか。

稲葉 どこなんでしょうね。上げたらきりがないでしょう(笑)。すべてにおいて完成しており、技術面もそうですが精神面がすごいと思います。どこまで行っても慢心しませんから。普通の人だったら8割勝てば「俺って凄いなあ」となりそうですが、藤井さんにはそういうところがない。勝ち負けより、棋力向上に重きを置いているということなのでしょうね。

「追い付き、追い越さないといけない」という気持ちが強かった

――改めて、稲葉さんの棋歴についてうかがいます。幼少の頃はお兄さんの聡さん(元奨励会員。のちにアマ竜王など、アマチュア強豪として活躍)とよく指したとお聞きしましたが。

稲葉 兄とは結構差がありましたね。覚えたての頃は大駒を落としてもらっても勝てない時期が続きました。奨励会在籍は半年ほどかぶっていますが、その頃になると指した記憶がありません。実は兄弟としては対局が少ないかもしれませんね。

――井上慶太九段へ入門して、奨励会入りされました。

稲葉 もともとは師匠が席主を務める加古川将棋倶楽部(当時は加古川将棋センター)に通っていました。プロ棋士という存在を初めて知ったのも師匠です。奨励会に入った当時は、それほどプロになりたいわけではありませんでした。将棋が楽しく、強い相手と指したいという気持ちが強かったです。兄を追いかけるような感じでしたね。

 ただ半年後に兄が奨励会をやめて、厳しい世界だとは子ども心にも感じました。奨励会入会の同期に都成さん(竜馬七段)、1期上に豊島さん(将之九段)がいます。当時の豊島さんは先輩棋士から「君が噂の豊島君か、1局指そう」と言われていましたね。まずは彼に追いつくのが目標でした。豊島さんについて行くことはプロになる上で大事なことだと思いました。

――奨励会時代を振り返ってみると、いかがですか。

稲葉 入った当初は右四間と菊水矢倉など、アマ強豪が好きそうな戦型ばかり指していましたね。5級時代が一番長く、この時期がアマ将棋からプロの将棋へと変革する時期だったと思います。高校2年で三段リーグへ参加しましたが、1期目は5勝13敗と大幅な負け越しです。2期目は13勝5敗で次点、昇段を逃した悔しさはもちろんあったんですけど、自分が三段リーグで通用するという手ごたえを感じた時期でもありました。

――四段に上がった時のお気持ちは。

稲葉 ホッとしたのが一番なのは間違いないですが、先に上がった糸谷さん(哲郎八段)、豊島さんが活躍していたので、追い付き、追い越さないといけないという気持ちも強かったです。糸谷さんが四段昇段直後に新人王になったのは悔しく見ていました。

電王戦出場は「糸谷さんの代理でした」

――当時の稲葉さんが、豊島九段、糸谷八段、宮本広志五段と一緒に研究会をやっていたという話を聞きました。

稲葉 私がプロになる半年ほど前ですが、この4人で1ヵ月ほど部屋を借りて、合宿のような感じでしたね。糸谷さんか豊島さんが対局を負けた後に「山にでもこもるか」というような話をしていた記憶があります。さすがに山ごもりとはいかないので、ルームシェアに落ち着きましたが。

 共同生活ではときどき負けた人が家事をするトーナメントを開催したりしていました。5時間の対局を豊島さんとしたときは、私がご飯を作って一緒に食べつつ対局するということもありました。ただ糸谷さんは大学に行っていたので、借りた部屋にはほとんどいませんでしたね。

――プロデビュー後、稲葉さんは初参加の棋聖戦で挑戦者決定戦まで勝ち進みました。

稲葉 先手番が多かった運の良さもあり、さすがに出来すぎとは思っていました。ただ当時のA級棋士に何局も勝てたのは、自身のいい部分を出せればトップクラスにも通用すると自信になりましたね。

――挑戦者決定戦では惜しくも木村一基八段(当時)に敗れましたが、それから改めての目標や、ご自身の中での意識変革などはありましたか。

稲葉 最終的な目標として、タイトルを獲るというのはもちろん当時からありました。また段階を経ての目標という意味では、竜王戦と順位戦のクラスを上げることですね。1年の積み重ねですから、結果が出た時に喜びはあります。そうなるとやはり長い持ち時間にうまく適応するというのが大事になってきます。

――他に稲葉さんの注目される棋歴としては、2015年の電王戦出場があります。

稲葉 実は糸谷さんの代理だったんです。彼が竜王に挑戦したから私に回ってきました。電王戦に出るのは覚悟がいりますし、準備なしで出るのもどうかとは思いましたが「谷川先生(浩司十七世名人)のご指名です」と言われると、覚悟を決めるしかありませんでした(笑)。

――出場を決めてから、生活リズムなどは変わりましたか。

稲葉 大きく変わりましたね。一番の違いは公式戦用の勉強をほとんどしなくなったことです。1日1時間ほど棋譜を並べるだけで、あとはソフトと指すばかりでした。最初は早指しを重ねて、傾向がつかめると本番同様に持ち時間5時間で指していました。

ソフトが進化し、事前に用意する作戦の幅が広がった

――公式戦の勉強をしなくなったということですが、その頃の稲葉さんはB級1組への昇級を果たしています。

稲葉 実を言うと、その頃にお酒を飲む機会がほぼなくなったので、それが良かったのかもしれませんね。あとは対人の研究会をほとんど止めた時期でもあります。その一つに豊島さんとの研究会もありますが、これはちょうど向こうも止めようと考えていたタイミングでした。対人の研究会は奨励会三段の弟弟子と行ったくらいですね。これは弟弟子の人生が掛かっていますので。

――稲葉さんがソフトを使うきっかけとなったのは、やはり電王戦でしょうか。

稲葉 そうですね。それまでは一切使っていませんでした。電王戦が終わってからも対局の振り返りなどに使っています。当時と比べてハードもソフトも変わりましたが、その検討は今でも続けています。電王戦が行われた7年前はソフトの示す手を研究しても、対戦相手が指さない方が多かったですね。その場で対応してから家に帰ってまた調べるということの繰り返しです。

 現在はソフト研究が多数派なので、読みが合致した結果、どちらがより先を調べているかという勝負になっている部分もあります。結局は未知の局面にたどり着いたときにどう指すかということになりますが、以前と比較して事前に用意する作戦の幅が広がったという変化はありますね。

大一番で負け続けるとモチベーションが下がりますが…

――B級1組昇級後、1期でA級昇級を果たし、さらにその1年後には名人挑戦権をつかみ取ります。

稲葉 A級で優勝するのは大変なことですから、1期目は通用するかどうかという気持ちでしたね。それまで負け越している相手も多かったです。ただ1局1局を準備しないといけない、という危機感がいい方向につながったと思います。

――初の名人挑戦は佐藤天彦名人(当時)に2勝4敗で惜敗されましたが、続く2期目はプレーオフに出場されました。6勝4敗で6名がならぶ大混戦です。

稲葉 2期目のA級は6回戦を終えて2勝4敗と降級がちらついたので、最終的にプレーオフになった時は驚きました。

――またこの頃の稲葉さんはNHK杯戦で2度の準優勝という結果もあります。もう少しで頂点に届きそうだが……というもどかしさのようなものはありませんでしたか。

稲葉 大一番で負け続けるとモチベーションが下がりますが、それは自分の弱さですね。名人戦が終わってからの大変さは2手目△3四歩からの横歩取り後手番が苦しくなったことにありました。結果として相居飛車での後手番をどうするかということにつながります。2手目△8四歩は角換わりか、矢倉か、相手の作戦を受けて立つことになりますが、好きだった横歩取りと比べて、矢倉はそれほど指していなかったということもありました。後手番の作戦に試行錯誤していた時期です。

――試行錯誤から、悪い部分が出たのが2年前のA級降級ということになるのでしょうか。でも同じ時期にNHK杯戦で初優勝したという実績もあります。

稲葉 持ち時間が長い将棋での勝率が悪かったのがA級降級の要因とも言えます。研究が生きてこないと長い持ち時間でそれが表面化してきますから。対して短時間の将棋はごまかしが利く面はありますね。ただ3度目の決勝でNHK杯戦を制し、ひとつ突き破ることが出来たのは大きかったです。陥落が決まったA級最終局と、その直後のNHK杯決勝。どちらも相手が斎藤君(慎太郎八段)だったので、気持ちを切り替えやすかったのもあるかもしれません。

写真=平松市聖/文藝春秋

「結婚すると師匠に伝えたら驚いていましたね」ABEMAトーナメントで決勝進出、稲葉陽八段に起きた“身の回りの変化” へ続く

(相崎 修司)

ジャンルで探す